台湾茶・中国茶の簡単入れ方

茶壷・茶杯を温める

茶壷・茶杯を温める

STEP1
日本茶に比べ中国茶台湾茶は淹れる温度高目で味と香りを楽しみます。 特に香りは温度が高ければ高いほうが香りが良いために、冷えた急須にいれるよりもいい度急須を温めます。
出来れば茶杯も温めましょう。

茶壷に茶葉を

茶壷に茶葉を

STEP2
急須を温めるための湯を捨て、茶壷=急須に茶葉をいれます。
この時の茶葉の目安量がありますが 細かいことは省いて説明すると茶壷の底が見えなくなるくらいの茶葉をいれます。
※茶葉の種類で茶葉の量は違います、購入店舗でご確認してください。

少し待つのが美味しくなる

少し待つのが美味しくなる

STEP3
茶葉による時間調整が終わったらOKです 急須で淹れる場合最初は薄くだんだん濃く出てきますのでご注意ください。

均等に淹れるのがコツです

均等に淹れるのがコツです

STEP4
茶杯を温めるために入れておいた湯を捨て 茶杯に茶湯を入れるのですが、ここで注意したいのは最初の茶湯は薄い、それと茶壷=急須に茶湯を残さずそそぎ切るのが大切です。
注ぎきっっておけば、次に飲むときにも美味しく飲めますよ。

 

Posted by keikouchasou