黄金桂 再入荷

黄金桂 茶葉 その2

人気の黄金桂再入荷しました。

黄金桂は安渓四大銘茶の一つで鉄観音と並ぶ代表品種 海外にも輸出され有名です。茶葉の形や味わいに特徴も秋に飲みたくなる烏龍茶の代表ですね。

黄金桂

黄金桂の解説

黄金桂は安渓四大銘茶の一つの 品種=黄旦 から作られる烏龍茶の一種です。鉄観音と同じ安渓産ですが、茶葉の形は明らかに違います。

鉄観音よりは新しいが100年の歴史を持ちます。1925年以降生産が拡大され輸出されていきます。

黄金桂の品質を語る上で”一早二奇”という特徴があり

一早=収穫時期の速さ 一般的な烏龍茶より早い
二奇=「黄色、均一、細かい」外観上の特徴と「香り、珍しい、新鮮」と味的な特徴
烏龍茶の香りを語る場合に香りの強い香木の近くで育ったとか、果物の収穫地の近くとか 他から香りがうつったみたいな話もありますが、この黄金桂は天然でありながら独特の花の香りを放ちます。

店舗情報

今週末の11月9日土曜日は慶光茶荘は営業日です。

一日の温度差が大きくどんなお茶を飲もうかな?と考えたら 是非お店まで!

中国茶・台湾茶でちょっと一息 慶光茶荘

烏龍茶再入荷, 烏龍茶, 黄金桂

Posted by keikouchasou