金不換 田七人参の別名

このページでは田七人参の別名金不換について説明してまいります

金不換

金不換 田七人参の別名

金不換とは?

金不換とはお金に換えることのできない人やモノの形容詞である。=貴重なもの

ですが現在で中国語の指す金不換は田七人参もしくはスィートバジルのことを指します。田七人参は本場中国でも生産量が限られているため 近年スィートバジルには薬効があり、さらにその名称であるバジル(イタリア語の王の意味)とも相まって 金不換と呼ばれています。

このページでは田七人参の別名としての金不換を語っていこうかと・・

金不換=田七人参の歴史

田七人参は250万年前からの植物で、古代三紀熱帯からあったと言われています。環境成長条件は涼しい天候で寒さや暑さには弱く日陰や湿った環境に適した特別な要件を持っています。分布的には雲南含む海抜1800メートル、緯度23.5°付近の狭帯域、1500から中国の南西に限定され文山と広西が原産と言われています。歴史的な記録によると、田七人参の人の手による栽培は600年前から始まったと言われています。
その他の歴史では 諸葛孔明が戦士を癒すのに作った孔明鍋の材料に田七人参が使われており、これは現代中国の 仏跳スープに通じているとかいないとか。
ベトナム戦争時にベトナム兵が止血剤として田七の粉を使用したのは、サルが田七人参の根を傷に擦っているのを見たからとか
昔の中国の刑罰”棒打”に耐えれるように田七人参の粉を飲んだとか ※一般的に棒打の場合痛みで死に至るのではなく血行不具合の心筋梗塞で死に至る為
田七人参 金不換の畑

日本による金不換と薬事法

 日本では江戸時代に小野嵐山の本草網目啓蒙で紹介されるも田七人参は輸出の規制があり外国に持ち出せず、本に記載があるのみで中国南方の金に代えがたい人参=金不換と紹介される。
日本に実際に輸入され始めたのは1980年代に入ってからで、金不換=田七人参とすることに厚生省が良しとせず、日本国内での金不換標記は薬事法違反となり標記出来なかった等の過去もある。
本草網目掲載の田七人参

まとめ:金不換 田七人参の別名

中国では、様々な効果が得られるも 生産地が狭く 多年草の植物で 根も大きくないことから食用としての農産化はされずじまいであったと思われる。

また農産化されなかったからこそ生産量も少なくお金に換えることのできない金不換と呼ばれたのであろう それはもちろん効果を伴っての話だが・・

今から600年前に薬草としての農産化が始まり長くのあいだ国家が管理していた。

田七人参は今現在でも単品・もしくは漢方薬原料としての需要があり 最も高い農産物には間違えない。

それゆえに今でも金不換と呼ばれているのであろう。

田七人参粉 純度100%について詳しく見る
田七人参粉 純度100%について詳しく見る