ドラッグストアで販売されている田七人参

田七人参はドラッグストアでも販売されている

ドラッグストアで売られている人参

このページではドラッグストアで販売されている田七人参について記述してまいります。

近所のドラッグストアーを数軒回って田七人参を少し探してみたが、ドラッグストアの店頭では田七人参もあるが高麗人参と同じ所においてあるとゆうか、同じような扱いをされているのに驚いたが、一応・・・

田七人参はドラッグストアでは取り扱いがあれば健康食品の棚にある しかし最近の健康食品メーカーではドラッグストアーよりも直販に力を入れていますよね。 何故なんでしょう?

ドラッグストアでの田七人参など健康食品の位置づけ

現在ではドラッグストアの効率化が進んでおり、以前のようなカウンセリングしながらの健康食品の販売にはそれほど力を入れていないのが現実です。

ですから田七人参や高麗人参などの人参系の健康食品は同じ扱い

これでは、実際ドラッグストアーに行って自分に合う健康食品を買おうと思ってもなかなか難しいかなと

正直 購入者にはやさしくないのを感じました。

田七人参を買おうと思ってドラッグストアに行っても

実際に何件かのドラッグストアを回ってみたところ、5店舗中 田七人参を置いてあったのが2店舗 高麗人参関連の商品は5店舗すべてにあったが。

やっぱり田七人参はマイナーなのですかね?

最近ではドラッグストアの選択というよりサプリメーカーの棚となっているところも多いので田七人参は置いてない店舗もあるのですね。

実際にドラッグストアにあった田七人参とは?

実際に5店舗中2店舗にしか田七人参がなかったのですが、前述のドラッグストアの健康食品に対する力加減の表れか一カ月分で2980円とか3980円とかで飲む量も一日12粒の服用でタブレットタイプがメインでした。

このような一日12粒の服用するタブレットなどは田七人参に限らず 健康食品の健康成分を絞った、その濃縮液を錠剤に混ぜているのが大半で その中身は全くの信頼が青ける商品は少ないのが現実です。

正直この手の田七人参やその他の健康食品ののタブレットを服用して効果なかったとか当たり前すぎて・・悲しくなってきます。

ドラッグストア棚

健康食品に素材それぞれのあった摂取方法がある

サプリメントや健康食品など本来は無加工のものを摂取するのが古くからある摂取の仕方と思われる 粉や煮出してお茶にしてなど 現代では健康食品の主成分だけを濾して自然界に無い濃度まで上げ結果 副作用が明らかになり医薬品として取り扱われたり 医薬品指定をさけるために実際には名前だけだったり。

日本での健康食品にはハッキリした企画が存在しないためにその商品にバラツキがあるのが悲しい現状である。

気になる方はこちらの「サプリメント(健康食品錠剤)の内容とは?」を読んでみてほしい

 まとめ:田七人参とドラッグストア

実際に自分でドラッグストアを回ってみて田七人参からいや健康食品から見たドラグストアの棚割(健康食品商品が置いてある棚スペース)は確実に縮小されているのを感じます。

現在のドラッグストアでの田七人参は低価格メインのラインナップありきで上質な田七人参を探すのは難しのが現実です。

通販で買える、田七人参粉100%