西洋人参と田七人参と高麗人参

このページでは同じく”人参”と呼ばれている西洋人参と健康食品である田七人参や高麗人参との違いを記述していきます。人参S

どれも”人参”なんでしょう

西洋人参と田七人参と高麗人参

たしかに同じ”人参”とついていますが全く同じなんでしょうか?

いいえこれらは植物として違います

西洋人参はセリ科の人参属対して田七・高麗人参はオタネ科の植物

英語でも西洋人参は”carrot”・田七・高麗人参は”ginseng”

もちろん韓国語や中国語でも同じではありません。

金時人参

日本ではなぜすべて同じ人参と名前になったのか?

日本では薬草として古くから知られていた田七人参と高麗人参 しかし東洋人参が江戸時代に輸入されるようになると形が似ていることから”セリ人参”と呼ばれるようになる。

もともと薬草である田七人参と高麗人参などのオタネ科の植物は日本で栽培されず高価で物流量も少なかったことから次第に”東洋人参・セリ人参”が”人参”という名詞の主流となっていきました。

しかしこの東洋人参も今度は同科の西洋人参にとってかわられ、現在では”人参”という名詞は西洋人参のものになった結果である、

形が違う人参が同じ人参として呼ばれる

まあたしかに田七人参や高麗人参等のオタネ科の植物と東洋人参(金時人参)は似ているが西洋人参となると全く形も違えば品種も違うのに風習として呼ばれてきた人参となってしまいました。西洋人参

まとめ:西洋人参と田七人参と高麗人参

西洋人参と田七人参と高麗人参は同じなのか? 日本ではすべて人参となるが英語や韓国語・中国語ではそれぞれ別の表記となる。もちろん原種も違います。

それではなぜ日本だけすべて人参と呼ばれるようになったのか?

結局 田七人参と高麗人参 → 形が似ているが別種 → 東洋人参・セリ人参 → 同種の生産性が良い→西洋人参という時代の流れです。

田七人参粉 純度100%について詳しく見る
田七人参粉 純度100%について詳しく見る