田七人参の飲み方

このページでは田七人参の飲み方について記述していきます田七人参の飲み方

田七人参を飲むタイミングと量

田七人参には飲むタイミングとか量とか決まりはあるのでしょうか?

田七人参は日本では食品扱い

これを書くとお上に目をつかられそうですが・・・食品と薬品の違いはご存知ですか? とってもわかりやすく簡単な分け方があるのですが・・・

それは副作用の有無

副作用があるものは医師・薬剤師等の管理のもとの服用が決まっており厚生労働省の管轄で薬効が表示できます。

一方 食品は常識の範囲で食べても副作用がないものです。

しかし人間は太古の昔から食事による養生を考えていました。 神農本草記や本草網目などはその象徴として過去からの人間の知恵を集約したものである。

ですから食品も昔の考えにのっとれば体調改善に役に立つ食品もあるんです。

田七人参は中国を初めてとしてヨーロッパなどでも薬効のある食品として認められています

で田七人参の飲むタイミングは?

話少し脱線してしまいましたが、簡単に言うと、要は薬には何らかの刺激があるために食中・食後など食事と一緒に取ることにより胃の負担を減らします。

刺激の少ないものは食前にとるのが一般的です。 それでは何故?刺激の少ないものは食前に取るのでしょう?それは人間の吸収力が一番良いタイミングだからなんです。

だから田七人参を飲むタイミングは食前 それも朝の食前のタイミングは外せません。

そしたら田七人参を飲む量は?

これは、田七人参の商品形態により様々なんです。

シンプルな粉ですと1.2g程度 田七人参のカプセルはあまり見かけないはずです、これは医薬品と事実誤認させるから、よく見るタイプは田七人参のタブレット錠 実はこのタブレットが厄介なんです。

一般的にタブレット錠にするために固める原料が追加されます。 単純に田七人参100%では固まりませんタブレット錠にする場合には乳糖・デンプン・ソルビトールなどの食品添加物が混ぜられます。

これらのタブレット錠は飲みやすさから大きさは制限されますが、原料の比率や原料を煮出した成分を添加したものなど商品表示だけではわかりません。

また食品や健康食品の場合 飲む量の制限はできません。

結局その商品のメーカーに確認するしかありません。

ですが本来”田七人参”は一回1.2g程度で十分なんです。

まとめ:田七人参の飲のみ方

商品名に田七人参と書いてあってもその中身は100%の良心的なものからタブレット錠で田七人参を煮出した濃縮液などがどの程度入っているかわからない粗悪品まで

田七人参には副作用がなく、医薬品ではないので商品中身に規制がないのも現実です。

ここでは田七人参100%粉の場合 朝の食前に1.2g 健康に不安のある方は朝・晩の二回で十分です。

田七人参粉 純度100%について詳しく見る
田七人参粉 純度100%について詳しく見る