身近で肺がんステージ4が:つづき3

身近で肺ガンのステージ4-3

身近で肺がんステージ4が:つづき3

抗がん剤治療で入院中は

この2週間の抗がん剤治療は働き者には相当つらかった、と言っても副作用ではないく”暇”と”恐怖”だった。

暇なのは、副作用が全く出ず体は至って健康。出産以来の入院なので18時前に晩ご飯 20時就寝 仕方なく昼間は病院内を徘徊するように歩き回った。

さてもう一つの恐怖だが、抗がん薬治療の甲斐もあって癌と言われたものの全く自覚症状である咳も出なくなってしまった。しかし入院している大部屋には、やはり肺がんで苦しんでいる方等がいらっしゃるのを見ると恐怖が増す。

ところで、私が服用している抗がん薬は経口(飲むだけ)で放射線治療や点滴薬と違って、よく癌にある副作用が全くなかった。食事も普通だし抜け毛も全くない。

またこの時期にも朝一回の田七人参粉と食事毎の日本山人参は服用していた。

入院抗がん剤治療も終わり

退院前の検査では癌が特に左肺にあった薄い腫瘍がさらに薄く 右肺も腫瘍が薄くなったと言われ、とにかく暇で・恐怖の二週間は終わった。

結局 新しい抗がん経口薬は私にあったらしく 抜け毛もない 咳も止まった 全く自覚症状がない状態に戻った

これからは二週間に一度の通院と検査で薬の服用と様子を見ることになった。

ここまで、自覚症状が出てから約3か月・肺がんステージ4と診断されてからは1カ月とあっという間だった。

肺がん治療から無事に帰宅するも・・

医者からは体は動かしてよいが、無理はダメ 風邪やインフルに気を付けてと言われている、しかし とにかく 家に帰れる。

喜んで家に帰ると、夫・子供の二人で生活していたのがはっきりわかるぐらいのごちゃごちゃ具合 実家の母に頼んでいたのでここまで汚れているとは想像していなかった、おそるべし中年夫の破壊力

せめて安心して入院できるように片付けるとは思わないのだろうか? 無理はダメだと言われているが片付けるしかない。

PS

パート先の職場にも週初めの月曜日から復帰することを伝えた。長い休暇を頂いたのに心地よくお返事いただきとってもありがたい。

つづく

これはあくまでも私の身近で起きた友人の備忘録である 特定商品の症状症例に対し効果をうたうものではありません。