田七人参 副作用

田七人参 副作用

このページでは田七人参の副作用について記述していきます。

副作用のイメージ
薬の副作用に悩む

そもそも副作用とは

副作用 とは、医薬品の二次的作用で不要なもしくは、利用者にマイナス面をもたらす作用の事望まれない作用の事です。

例えば

  • 風邪薬で眠くなる
  • 抗生物質で 腎障害
  • 痛み止めで 立ちくらみ

これらの事を副作用といいます。

副作用が出やすい状態

本来くすりはその効果だけを先鋭化させたものであり 様々なちょっとした理由により副作用が出やすくなります、例えば

  • くすりの性質によるもの
  • くすりの使い方によるもの
  • 服用者自身の病状によるもの
  • 体質や生活習慣が原因

それぞれに医師や薬剤師などのチェックが働いているはずですが、くすりの服用期間が長くなる複数飲んでいると管理が難しく 副作用など出やすいじょうたいになる。

また、加齢やアレルギー 内臓疾患の有無で副作用が強く出る場合もございます。

漢方に副作用はないのか?

本草網目啓蒙 小野蘭山
神農本草記から様々な加筆された「本草網目啓蒙」小野嵐山門下著

漢方は始まりは 神農本草記にある薬効のある植物などから この時点ですでに、上薬・中薬・下薬と別れており、上薬には飲み方の制限はなく副作用はないと言われていますが、中薬・下薬の場合は副作用・もしくは副作用に近い作用が出る場合もあるので、漢方だから副作用がないわけではありません。

※詳細は「田七人参 漢方」をご参考ください。

田七人参副作用について

本草網目 田七人参
薬草辞典の経典である「本草網目」

漢方から見る田七人参の副作用

漢方側から見た 田七人参は神農本草記(後漢AC25年~)に記載された時代から数少ない上薬であり。

その上薬の定義としては 「生命を養うを主とする 無毒 長期服用しても人を害しない 身を軽くし、体を益す 不老長寿」と定められています。

ですから副作用に類するものは全くありません。

日本での田七人参の副作用

日本では基本的に食品は消費者庁 医薬品は厚生労働省の管轄です。 田七人参食品扱いで消費者庁の管轄である、よって副作用などは全くない どのような飲み方しても、どんだけ食べても副作用はない

そのかわり薬効は訴求出来ないのが建前であるが。

また田七人参は日本以外の国では田七人参は薬効のあるハーブ扱いである場合が多く、副作用も指摘されていないのを付け加えておきます。

現在中国での田七人参副作用

古書「本草網目」から現代中国版Wikiまで探してみました、探してみましたが

やっぱり無い 探したが無い 本当に ありませんでした。

副作用のない人参王様それが田七人参です。

しかし細かいところを探してみると、妊娠中は西洋薬と同じように禁止と書いてありました。

経験上では田七人参はカリウムを含むため高カリウム症及び利尿剤を打ち消す効果があるので利尿剤服用中は避けた方が良いと思います。

まとめ:田七人参 副作用

田七人参 服用一回分
田七人参粉の服用一回分

田七人参にはいろいろ探しましたが副作用はありませんでした。

多少の飲み合わせで薬の効果を打ち消すなどの力はありますが・・また田七人参には食べ合わせも問題ありません。

しかし、もしあなたが病院にかかっているのであれば医師と相談してください。そのような時でも田七人参粉100%であれば問題はないでしょう。

※錠剤やタブレット・カプセルなど手の加えてあるものはこの限りではありません。

粉の田七人参なら

慶光茶荘の田七人参商品イメージ

よけいなものを完全に排除した 純度100%の田七人参粉 田七人参粉の事なら30年の実績をほこる 慶光茶荘から

田七人参 40g
まずは田七人参_お試し一カ月分
田七人参80g申し込み
ちょっとお徳に田七人参を申し込む

通販で買える、田七人参粉100%