田七人参 サプリ

田七人参はサプリメント

このページでは田七人参とサプリの関係に書いていきたいと思います

田七人参はサプリメント?

サプリメントとは

そもそもサプリメント(supplement)とは英語圏でのスマートドラッグ 食品の分野の一部で医療保険の支払い削減や公的医療保障に入れない人々への救済的なハーブです。

大きく分けると

  • 栄養補助食品:ビタミンやミネラル、アミノ酸など栄養摂取を補助することや、ハーブなどの成分による薬効が目的である食品
  • 健康補助食品:生薬、酵素、ダイエットなど様々な種類の加工食品系サプリメント食品

に分別されます。

食品と医薬品

日本では食品(消費者庁・農林水産省)と医薬品(厚生労働省)しか区分がない ですから法律的にはサプリメント=健康食品というのは分野は存在してなく消費者側から見た食品区分けでなんです。

ところで食品と医薬品の違いはご存知でしょうか? 昔から風邪の時に飲んだり食べたりするショウガとか便秘にバナナとか薬効のある食品はたくさんあるのですが・・・

食品と医薬品の違い

いろいろな方向からの違いが言われるかもしれませんが、簡単に書くと

・食品=副作用がない 消費者庁・農林水産省

・医薬品=副作用がある 厚生労働省

医薬品は副作用があるので管理監督が必要 食品は副作用がなくまた医薬品ではないので薬効は表示できません。

トクホや機能性食品は?

今まで書いた通り日本ではサプリメントというジャンルは法律的にはありませんが これに近いものに 特定保健用食品・栄養機能性食品などはございます、しかし これらは民間企業が営利目的に自社商品申請するために商品形態が加工食品に限られています。

ですから無加工のバナナ・ショウガ・ニンニク等、伝統的食品には適用できません。

田七人参はサプリなの?

田七人参とサプリ

中国の最古典薬草辞典である「神農本草記」に記載されている田七人参はサプリなのか? 見方を変えて考えてみた。

田七人参の海外での評価

海外ではサプリメントというジャンルは確立されています。

アメリカではFDAがハーブ区分として薬効が表示できる食品があり、またドイツではメディカルハーブといわれる区分があり 田七人参もここに分類されています。

これはらメディカルハーブは医療費を下げるのと同時に消費者のセルフ健康意識を向上させるための食品分野と言われています。

田七人参 上薬の矛盾

漢方薬の上薬として田七人参は認識されています。 漢方薬には副作用の面からみると

  • 上薬:副作用なし
  • 中薬:飲み合わせによる
  • 下薬:副作用あり

と3グレードに分類されおり 上薬は副作用がないために、日本では薬としてではなく食品として輸入される矛盾があり、品質が劣る 中薬・下薬には副作用があるために薬として輸入されるというさらなる矛盾を生んでいます。

※ 田七人参 漢方 https://e-chinatea.com/denshiti/chinese_medicine/ で詳しく書いています。

サプリメントの嘘

日本では健康食品=サプリメント=ハーブの法的根拠がないのは書きましたが、この法的根拠がないので一部メーカーではやりたい放題なのが実情です。

世の中には数多くのサプリメント(健康食品錠剤)がございますが、成分の一部を抽出した その製品形態(粉・錠剤(カプセル)・顆粒・エキス)には色々なものあり中には品質の著しく低いサプリメントもございます。

  • 加工時の添加剤(固形材・甘味料など)
  • 有効成分は石油由来 化学式だけが同じ
  • 有効成分の比率に基準ナシ

あなたが手に取るサプリは名前だけでなく まずは原料100%に近いものをお勧めします。

※サプリメント(健康食品錠剤)の内容とは? https://e-chinatea.com/denshiti/supplement-2/で詳しく書いています。

まとめ:田七人参 サプリ

いろいろ書きましたが、日本市場では法律的にサプリメント市場は存在しません、しかし実際 健康に良い食品は健康食品として認識されているのが一般的です。

世界的に見ると田七人参は健康食品=サプリメント=ハーブなど経口摂取し体の調子を整えるものに分類されると思います。

結論=日本以外の国では田七人参はサプリです。

田七人参通販なら

慶光茶荘の田七人参商品イメージ

よけいなものを完全に排除した 純度100%の田七人参粉 田七人参粉の事なら30年の実績をほこる 慶光茶荘から

田七人参 40g
まずは田七人参_お試し一カ月分
田七人参80g申し込み
ちょっとお徳に田七人参を申し込む

通販で買える、田七人参粉100%