田七人参の効果が出るまで

田七人参はどのくらいの期間飲めばいいの?

田七人参を飲んで

田七人参を飲んだが変わらないと言われる方に、まずあなたは田七人参100%の商品を選んでいますか? またあなたの気になる症状はどのようなものでしょう? 田七人参はお薬ではありませんので飲んですぐ効くとかはありません。

あくまでもある一定期間続けて食することにより あなたの体調をお助けするものです。

このページでは気になる症例別に最低限飲んでほしい期間を中国のサイトから翻訳したものを表記しています。

田七人参とは

雲南省の田七人参の畑をバックに田七人参の花を持つ慶光茶荘の代表

田七人参は伝統的な中国医学の名前。主に雲南省文山県で生産され、オタネ人参・ウコギ科の植物の乾燥した根と根茎です。
味は甘く、少し苦く、身体を温めます。うっ血、出血、腫れ、痛みを分散させる働きがあります。「金不換」として知られる田七人参には、様々な強力な効果があります。

田七人参の主な効果は

田七人参は、中国に固有の古くて貴重な薬用植物です。氷河期をも田七人参は奇跡的に生き残りました。この期間、彼らはウイルス、細菌、厳しい自然気候を経験しました。田七人参は何億年も生き残ることができるため、中に蓄えられたエネルギーは想像を超えるものです。田七人参には、抗酸化作用、抗老化作用、抗腫瘍作用、抗炎症作用、鎮痛作用、造血作用、血管閉塞防止作用があります。さまざまな一般的な慢性疾患に良い結果をもたらします。

免疫の王様

田七人参のサポニンは、血管内の脂肪とコレステロールを溶解し、赤血球と血小板の凝集を解き、赤血球をより若返りすることができます。血液中の高密度リポタンパク質(HDL)を増加させ、血液中毒を中和すると血管も軟化し、壊死した毛細血管が「生まれ変わり」、新鮮な血液が血管内をスムーズかつスムーズに流れるようになります。田七人参は、血圧調節メカニズムの回復、遺伝子欠損の修復、血圧と血糖値の安定性の維持、肝臓と腎臓への薬物損傷の防止、老化の遅延も可能です。

飲むタイミングは

田七人参一回分の量

  • 健康維持に飲まれる方は朝の食前空腹時に一回1.2g
  • 症状が気になる方は朝と晩の食前空腹時にそれぞれ1回1.2g×2

田七人参の有効的な症状にどの程度の時間で効果が出るのか

田七人参の粉を水に溶かした

症状:慢性疲労症候群、便秘

時間:3-5日

改善:エネルギッシュでパワフルな腰と脚、スムーズな排便、快適な胃。

症状:不眠症、神経衰弱

時間:5-15日

改善:眠りに落ちやすい、甘い睡眠、日中の迅速な脳の覚醒反応。

症状:リウマチ、リウマチ、腰と脚の痛み

時間:60日

改善:しびれと痛みが消え、気と血がスムーズに流れ、手足が自由に動くようになりました。

症状:ドライアイ、渋い目、かすみ目

時間:3-7日

改善:急速に網膜障害を乗り越え、眼底機能を改善します。

症状:高血圧、高脂血症、高血糖

時間:2-3ヶ月

改善:安定した血圧、血中脂質の低下、安定した血糖値。

症状:脂肪肝、アルコール性肝

時間:1-3ヶ月

改善:肝脂肪を減らし、肝線維症を予防します。

症状:脳血栓症、冠状動脈性心臓病、その他の心血管疾患および脳血管疾患

時間:1-3ヶ月

改善:手足が強く、言葉がはっきりし、徐々に正常に戻る。

症状:しみ、しわ

時間:1-3ヶ月

改善:新鮮でさわやかな肌のトーン、色あせた斑点、しわの減少を感じます。

症状:物忘れ

時間:2-3ヶ月

改善:記憶の改善、忘れられないこと、脳萎縮の逆転、認知症のリハビリテーション。

まとめ:田七人参の効果が出るまで

このページでは、中国で言われている田七人参の代表的な効果を拾いあげ、飲んでから効果を確認できるまでの時間に注目してい見ました。

最初に書いた通り 健康維持で朝一回・症状改善で朝晩二回 症状が落ち着いたら朝の一回で大丈夫です。

※田七人参の事は 中国の百度(Wikipediaみたいなもの)から引用しました。

粉の田七人参なら

慶光茶荘の田七人参商品イメージ

よけいなものを完全に排除した 純度100%の田七人参粉 田七人参粉の事なら30年の実績をほこる 慶光茶荘から

田七人参 40g
まずは田七人参_お試し一カ月分
田七人参80g申し込み
ちょっとお徳に田七人参を申し込む

通販で買える、田七人参粉100%