田七人参とは

田七人参とは雲南省の特産品

田七人参の根

このページでは詳細説明は割愛して 簡単にわかりやすく田七人参をみなさまに理解していただくためのページです。

田七人参の粉と田七人参の乾燥根

田七人参は本場中国では三七人参と呼ばれ 中国雲南省の特産貴重な人参です。

田七人参の効果・効能は中国でも最も古くから知られている植物の一つです。血液循環を促進し、腫れを軽減し、痛みを和らげ、という評判があります。

使用部位は 田七人参の根を使用します。※写真は田七根と根を粉末にしたもの

田七人参とはのどような人参?

三七人参=田七人参の説明

田七人参は人参とありますが、現代の食卓にある人参とは種類が違います。

田七人参は高麗人参・朝鮮人参・金時人参等と同じウコギ科の多年草なのです

田七人参は人参が違う

西洋人参・金時人参・朝鮮人参・田七人参 外観比較
左上:西洋人参・右上:高麗人参・左下:田七人参・右下:金時人参

田七人参(中国名:三七人参)とは中国雲南省特産の人参で、一般的に、私たちが食している人参とは植物が違います。

私たちが人参と思って食べている西洋人参(せり科の植物)でありセリやパセリの仲間です

もともと人参は多年草ですが田七人参は三年から七年程度の多年草の為とても貴重なんです。

田七人参の広大な畑
有機栽培の田七人参の広大な畑

人里離れた畑で厳重に管理して作られるのはとても高価で貴重だから、またなぜ貴重かというと中国では様々な漢方の原料として使われているのです。

高麗人参と田七人参の違い

様々な人参

高麗人参と田七人参は同じ植物科で外観もよく似ているのですが なぜかしら効能効果に違いがあります。

一般的に元気が出ない 疲れやすい方には高麗人参・朝鮮人参がお勧めですし、血行不順・高血圧などには田七人参がお勧めです。

詳細は以下のリンクからご確認ください。

田七人参の効果・効能

田七人参の効果 効能

田七人参は日本では食品扱いなので効果効能などは表示できないのが原則です。しかし表示できないけどもその内容は知りたいと思うのは止めようがありません。そこで薬草辞典のバイブルである本草網目(神農本草記の流れをくむ)からと現在の中国版Wikipediaである百度の表示例翻訳という形で少し調べてみました。

田七人参(ハーブ・漢方)の各国での扱い

外国のハーブリスト

この日本での医薬品と食品の判断基準をご存知でしょうか?

以上を読んでいただくと 様々な国や地域での田七人参に対する考え方に違いがあるのがわかるでしょう。

中国人でも良質の田七人参を買うのは難しい

中国漢方市場

私が住んでいる地域には中国東北の出身者が沢山います、一度田七人参を紹介したところ好評でした。そして彼女は中国の自分の里の近くで田七人参を購入するのですが・・・やっぱり違う、何かが違うと言ってまた私のところにやってきました。

このように中国では評価の高いものに関して必ず偽物がついて回ります、これを読んでいる皆様もこのサイトで紹介している田七人参は少し高いかもしれません。しかしその中には信用料も入っていることをお忘れなく。

まとめ:よりよい田七人参を求めて

田七人参の根イメージ

このページを最後までお読みいただきありがとうございます。

日本における健康食品の明確な区分はございません、特に田七人参の場合 日本以外ではハーブリストに載って医薬品に近い扱いされているのに日本では副作用がないゆえの食品扱い このような良い健康食品をみなさまにストレートにお伝え出来ないのは少し残念です。

現状における様々角度から田七人参を取り上げてみてこの「田七人参」のページがあなたの選択の少しでも助けになったのなら幸いです。

通販で買える、田七人参粉100%