慶光茶荘 台湾茶・中国茶でちょっと一息いれませんか?

慶光茶荘ネット通販 送料無料はコチラから

慶光茶荘の通販サイトへ

茶器の説明

台湾茶や中国茶を淹れる際に使う茶器には独特の雰囲気があります、またよりよく茶葉を淹れるために使う道具や素材にもワケがあります。ここでは茶芸で使用する茶器を写真で解説。

工夫茶の茶器

中国茶器には日本の茶道具から発展したものや中国茶専用のものなど様々です。また中国内でもその地方によって使う道具が違う場合も

茶壷(ちゅふう)

急須 紫砂 宜興

素焼きの茶壷が一般的ですが、磁器製のものもあります。さらには茶葉の種類で換える場合もあります。

茶さじ

茶道具 茶匙

茶さじは木製・竹製。プラスチック・金属などがあるます。茶壷へ茶葉をいれるときに使います。

茶海(ちゃかい)

中国茶芸 茶海

急須にいれた茶湯をそそぎ切る為に使う茶器 何煎も続けて飲むには必需品。

茶盤(ちゃばん)

茶盤 中国茶芸 工夫茶芸

工夫茶等を実践するときには必要かも 素材は陶器・木製・石製など様々です。

聞香杯(もうこはい)

聞香杯 中国茶芸 古典茶芸 茶道具

茶杯=湯呑に比べ細く背が高い これは烏龍茶など香りを味わう茶葉を味わうときに使います。

茶杯=湯呑

湯呑 茶杯 中国茶芸 古典茶芸 茶道具

小さい茶杯をさらに三回に分けて飲むことにより お茶を味わいやすくします。

蓋碗(がいわん)

蓋椀 中国茶芸 古典茶芸 茶道具

昔はコレだけで中国茶を飲んでいましたよね。いろいろ応用ができる便利な器。

まとめ:茶器の説明

ざっと紹介させていただきましたが、茶芸で淹れる場合は

  • シンプルな台湾式
  • 福建北部の武夷山(岩茶)の水の選び方
  • 福建南部の安渓(鉄観音)の淹れ方
  • 広東省潮州式茶器

など地方でそれぞれ代表的な茶葉があり、また茶葉に合わせた淹れ方がございます。道具を増やす事もいいですが、せっかくの淹れ方の基本がわかってないと茶器も選びにくくなってしまいます。