プーアル茶とウーロン茶の違い

このページではプーアル茶と烏龍茶の比較を記述していきます。

プーアル茶とウーロン茶を比較と一言比較と言っても難しい部分がありますが、ある程度項目を絞って比較していきましょう。

プーアル茶と烏龍茶の違い 岩茶、鉄観音、プーアル茶の外観比較
左上:岩茶烏龍 左下:鉄観音 右:プーアル餅茶

まず上の写真を参考にすると

  • 左上:岩茶烏龍 福建北部武夷山系の烏龍茶葉
  • 左下:鉄観音  福建省南部安渓で有名茶
  • 右:プーアル餅茶 古い作り方で作られたプーアル茶

ウーロン茶とプーアル茶:産地の比較

雲南省と福建省の地図比較

一般的にウーロン茶は中国・福建省を中心に隣の広東省や台湾 プーアル茶は雲南省です。約2200キロ 飛行機で3時間半 日本にたとえると札幌から鹿児島までの距離感です。

福建省には烏龍茶の二大生産地 福建省北部の武夷山と福建省南部の安渓があります。

雲南省は省都の昆明市で標高が海抜1800mと、かなりの高地なのが特徴です。お茶の産地は雲南省南部に集中しています。

ウーロン茶とプーアル茶:原材料の比較

烏龍茶VSプーアル茶_茶樹

これは両方に共通してツバキ科のカメリアシネンシスですが、その下の部分に違いがあります、日本茶でいうところの”べにふうき”と”やぶきた”などの違いの品種の差

プーアル茶は”雲南大葉樹”が一般的なんですが、ウーロン茶は地域で品種が限定されているのが特徴です、福建北の武夷山周辺では大紅袍を中心とした岩茶 福建南は安渓周辺では鉄観音を中心とした茶葉などです。

※上の写真は左が雲南茶樹畑(古代樹)右が烏龍茶樹畑(鉄観音)

ウーロン茶とプーアル茶:形状のちがい比較

烏龍茶VSプーアル茶 茶葉 茶湯のイメージ
※左から鉄観音茶・岩茶烏龍茶・プーアル茶(散茶)

プーアル茶は餅茶の流れをくむ茶葉で加工している形状が一般的です。ウーロン茶は一枚茶葉を丸めてあります。これらは製法の違いからくるものなのですが、実際世に出た時代に開きがありプーアル茶は1000年代ウーロン茶は1800年代に 時代の違いもありより複雑な形状をしているのはウーロン茶ですね。

プーアル茶 散茶と餅茶プーアル茶では餅茶に使われる茶葉は少し大ぶりですが、餅茶を崩すのに労力というかけっこう大変なんです。今ではプーアル茶も散茶形状が普及してきて簡単に飲めるようになった来ました。

ウーロン茶とプーアル茶:効果・効能の比較

プーアル茶の握推風景
プーアル茶の握推風景

これはその製法仕上げ方で決まっています。

  • ウーロン茶:半発酵
  • プーアル茶:後熟発酵

半発酵のウーロン茶は緑茶と紅茶の中間 香りと味わいのバランスの豊富さで緑茶効果(カテキン)紅茶効果(ポリフェノール)を含み食事に油落としには最適でありながらおいしさも追求した茶葉

後熟発酵のプーアル茶は茶葉で発酵食品であり独自のプーアル茶酵素がダイエットやデトックスに良いと言われています。

ちなみに同じ後発酵茶としては、六大茶分類における黄茶もありますが、プーアル茶の後発酵の工程は握推と呼ばれるもの黄茶は悶黄と呼ばれる工程があり同じ後発酵でも方法に違いがあります。

ウーロン茶とプーアル茶:カフェインの比較

中国茶イメージ 緑茶 白茶 紅茶 青茶  黒茶 
写真は左から緑茶・白茶・烏龍茶・プーアル茶

カフェインはウーロン茶も発酵具合によりますが煎茶より低く番茶程度です。プーアル茶は二次発酵具合によりウーロン茶より低いのが一般的です。

またプーアル茶はさらにカフェインが少なく グレードや抽出の仕方によってはノンカフェイン(カフェイン測定限界以下)のものございます。

まとめ:ウーロン茶とプーアル茶の違い

ウーロン茶とプーアル茶を産地・原料・形状・効果効能・カフェインと五項目を比較してみました。私的には男性ですとウーロン茶でもダイエットしながら美味しく飲めます。女性の場合ダイエットを意識するならプーアル茶をお勧めします。

なぜならば男性と女性で日ごろのカフェインに対する耐性の差です。お茶で健康やダイエットをと思えば一日1ℓ以上飲んでほしい ですから女性やカフェインが気になる方にはプーアル茶をお勧めします。

ちなみにプーアル茶を選ぶ場合その目的に応じて選びましょう「プーアル茶を買う前に」等を参考にしてください。

プーアル茶16年醗酵 お試し三週間分
プーアル茶16年醗酵 お試し三週間分

通販で買えるオススメのプーアル茶