黒茶・普洱茶

黒茶・普洱茶黒茶・普洱茶

慶光茶荘の扱う六大茶分類での黒茶・普洱茶カテゴリー

黒茶のイメージ

黒茶とは

黒茶とは中国茶六大茶分類における 緑・白・青・紅・黄・黒の中の黒=黒茶で原料は日本茶と同じツバキ科のカメリアシネンシスが原料です。

歴史的には緑茶の次に古く 宋代初期(11世紀)1074年南宋で黒茶の最初の記述がみられます。

餅茶のイメージ

よく間違えがちな、餅茶=黒茶ではありません。餅茶は袋や布のない時代古式商品形状であり、今でも伝統的に作られていますが、必ずしも原料が黒茶とは限りません。

ちなみにこのページを最後まで読めばわかると思いますが、黒茶=普洱茶も違いますのでご注意下さい。プーアル茶の事はコチラから

黒茶の種類

黒茶の中国地図

生産地別ですと以下の通りです

雲南省    普洱茶 「普洱」は集散地の地名による。
広西自治区  六堡茶 「六堡」は生産地六堡郷の名前から。
四川省    唐磚茶 チベットなどで唐からレンガのお茶の意
湖南省    茯磚茶 茯は暑いの意味で、暑くないと握推が出来ない

黒茶で有名な種類を上げてみました、日本でも阿波晩茶・碁石茶等も黒茶ですね。

黒茶の作り方

六大茶の作り方

黒茶の基本的な製法は右を黒いラインを参考にしてください。

製法は日本や中国の緑茶と前半は同じですが、後半に握推と呼ばれる特殊な工程があります。

また仕上げ方(散茶・餅茶・方茶)で製法後半の作業が重複したり順番が変わったりすることもございます。

黒茶の効果

黒茶には様々な効能がございます。

  • ダイエット
  • コレステロール・中性脂肪の減少
  • 高脂血症・痛風改善
  • 便秘
  • 体を温める

黒茶はお茶の原料は同じながら二次発酵をうながすことにより「発酵食品」的な効果が得られるお茶なんです。

黒茶の飲み方

黒茶でもお茶を淹れる基本は同じで茶:湯=1g:50mlですが。これはあくまでも品評やテイスティングの時の事であり、実際に飲む場合がまた別の場合もございます。

黒茶をヤカンで淹れる場合

3g:1Lぐらい 5g:2Lぐらいを目安に お湯の目安は100度 沸かして火を止めたヤカンに茶葉を入れ3分から5分でOK

黒茶を冷やすなら

もし冷茶にする場合は上記の手法で一度出したものをそのまま冷蔵庫へ

黒茶は二次発酵をさせているので抽出後冷蔵庫の中でも3日~4日は味が変わらない利点があります。

黒茶を急須で淹れる

黒茶を急須で淹れる場合は3gで十分 飲む分だけのお湯(100度)を入れ 一分ぐらいで色が出ていたら湯呑に移す

急須を毎回注ぎきる事で複数回飲めます。

おすすめから選ぶ

普洱茶16年醗酵

プーアル茶16年発酵の紹介 慶光茶荘のオリジナル プーアル茶16年醗酵 いったい他のプーアル茶とどこが違うのか?そのような疑問にお答えします。プーアル茶16年発酵はアルカリ度緑茶の30倍の68.5度 飲めばすっきり 差は歴然です。
かんたん ティバッグ

普洱茶20年醗酵

プーアル茶 20年発酵 当店最高級のプーアル茶 当店では三種類のプーアル散茶(バラの状態のことをいいます)を取り扱いしていますが、最上級のプーアル茶です。実際にアルカリ度にも違いがあり飲んだ感じもアルカリ度が高いほうが切れが良い感じがします 発酵年数が長いものほどプーアル茶独特の香りも、よりよく香ばしくなります。HOTでプーアル茶を飲まれる方には是非試してほしい最高級のプーアル茶
温度を気にせず

普洱茶6年醗酵

プーアル茶の普及品 6年醗酵 普及品のプーアル茶で プーアル茶餅茶(塊)ばらすのが面倒だ プーアル茶独特の香りになれている方 お安いプーアル茶が欲しい方等に
温度を気にせず

茉莉花香小沱茶

茉莉花香小沱茶 小沱茶とは1900年代初頭に雲南省で開発された形状のことを表しています。この茉莉花香小沱茶はジャスミン茶の香りを発酵強めの小沱茶移しました、プーアルに近くジャスミンの香りがお好きな方はぜひ
温度を気にせず

普洱香小沱茶

プーアル香小沱茶 このプーアル香小沱茶はプーアル茶の香りを発酵強めの小沱茶移した、プーアル茶の香りが好きな方はぜひ かなり茶色が続くのでお湯は注ぎ切ったほうが、複数回飲みやすいと思います。 これを一個入れると出来上がり 小沱茶は手軽に使える昔の賢人の知恵です。 
生活習慣

七子餅茶

七子餅茶 崩して飲むならコレ 普及品のプーアル茶で プーアル茶独特の香りになれている方 お安いプーアル茶が欲しい方等に 様々なプーアル茶(黒茶)七子餅茶 約350g ※パッケージの印刷が変わる場合やない場合がございます。指定はできません。