工芸茶

工芸茶工芸茶

工芸茶とは

工芸茶とは、茶葉を工夫して組み合せて作られた 「目で楽しむ・香りで楽しむ・味で楽しむお茶の美術品」 中国花茶には長い歴史がありますが、工芸茶は白茶+茉莉香や白茶+茉莉香+花などの様々な組み合わせのとっても新しい中国茶です。

工芸茶の淹れ方

工芸茶の淹れ方

工芸茶

工芸茶 旭日彩虹 

旭日彩虹 オーバーザレインボー 慶光茶荘の工芸茶は茶葉の生産地として代表的な福建省政和県で作られています。 お茶を工芸茶にする作業は、ひとつづつ手作りで作られていきます。 長さをそろえた茶葉を1本1本丁寧に集め紐で縛り、丁寧に仕上げていきます。 茶葉:白茶 黄花:菊花 赤花:千日紅
工芸茶

工芸茶 龍鳳呈祥

龍鳳呈祥 工芸茶とは、茶葉を工夫して組み合せて作られた 「目で楽しむ・香りで楽しむ・味で楽しむお茶の美術品」中国茶には長い歴史がありますが、工芸茶は白茶+茉莉香や白茶+茉莉香+花などの様々な組み合わせのとっても新しい中国茶です。茶葉:白茶 黄花:茉莉花 赤花:百合
工芸茶

工芸茶 歩歩高升

慶光茶荘の工芸茶は茶葉の生産地として代表的な福建省政和県で作られています。お茶を工芸茶にする作業は、ひとつづつ手作りで作られていきます。 長さをそろえた茶葉を1本1本丁寧に集め紐で縛り、丁寧に仕上げていきます。茶葉:白茶 黄花:マリーゴールド 赤花:千日紅
工芸茶

工芸茶 丹桂瓢香

慶光茶荘の工芸茶は茶葉の生産地として代表的な福建省政和県で作られています。お茶を工芸茶にする作業は、ひとつづつ手作りで作られていきます。 長さをそろえた茶葉を1本1本丁寧に集め紐で縛り、丁寧に仕上げていきます。茶葉:白茶 黄花:金木犀 黄花:菊花 赤花:百合
工芸茶

工芸茶 出水芙蓉

工芸茶とは、茶葉を工夫して組み合せて作られた 「目で楽しむ・香りで楽しむ・味で楽しむお茶の美術品」 中国花茶には長い歴史がありますが、工芸茶は白茶+茉莉香や白茶+茉莉香+花などの様々な組み合わせのとっても新しい中国茶です。
工芸茶

工芸茶 金葫芦

金葫芦 工芸茶 工芸茶とは、茶葉を工夫して組み合せて作られた 「目で楽しむ・香りで楽しむ・味で楽しむお茶の美術品」 中国花茶には長い歴史がありますが、工芸茶は白茶+茉莉香や白茶+茉莉香+花などの様々な組み合わせのとっても新しい中国茶です。
工芸茶

工芸茶 花仙桃

花仙桃 工芸茶 慶光茶荘の工芸茶は茶葉の生産地として代表的な福建省政和県で作られています。 お茶を工芸茶にする作業は、ひとつづつ手作りで作られていきます。  長さをそろえた茶葉を1本1本丁寧に集め紐で縛り、丁寧に仕上げていきます。 茶葉:白茶 黄花:菊花 赤花:千日紅
工芸茶

工芸茶 大龍珠茶

大龍珠茶 慶光茶荘の工芸茶は茶葉の生産地として代表的な福建省政和県で作られています。 お茶を工芸茶にする作業は、ひとつづつ手作りで作られていきます。長さをそろえた茶葉を1本1本丁寧に集め紐で縛り、丁寧に仕上げていきます。この大龍珠茶は花がない代わりに茉莉花(ジャスミン)の香りで仕上げています。 茶葉:白茶
工芸茶

工芸茶 菊花針茶

工芸茶とは、茶葉を工夫して組み合せて作られた 「目で楽しむ・香りで楽しむ・味で楽しむお茶の美術品」 長さをそろえた茶葉を1本1本丁寧に集め紐で縛り、丁寧に仕上げていきます。 茶葉:銀針白茶 この菊花針茶は工芸茶の中でも初期の部類で銀針の茶葉のみで作られた工芸茶です。名前の最初の菊花は形を表しており菊花はありません。
工芸茶

工芸茶 三朶梅

慶光茶荘の工芸茶は茶葉の生産地として代表的な福建省政和県で作られています。 お茶を工芸茶にする作業は、ひとつづつ手作りで作られていきます。長さをそろえた茶葉を1本1本丁寧に集め紐で縛り、丁寧に仕上げていきます。茶葉:白茶 /赤花:千日紅 三朶梅は工芸茶の中では大きく開くものではありませんが、とにかく茶湯がゆっくり出るのでほそーく・ながーく飲む方には最適です。