花茶

花茶花茶

これらは、花だけで作られたものです。一般的には菊・薔薇などが一般的です。もちろん花を乾燥させただけのものなのでカフェインなどの渋みはありません。

花茶の淹れ方

使う花の量は任意です。ご購入店で問い合わせましょう また淹れる湯の温度は100度です。これは高温で淹れたほうが香たち またカフェインを含まないので苦みも出ないためです。

おすすめから選ぶ

八宝茶

八宝茶の紹介 慶光茶荘オリジナル 中国語のの意味は、たくさんのという意味中国語の「八宝」の意味は、「たくさんの」という意味で、元々中国回族の伝統的な飲み物、。地方や風土それに目的に合わせ様々なブレンドがあるのも八宝茶の特徴です。
おすすめから選ぶ

雪菊茶

雪菊茶の紹介 一般的な菊茶と違い 色・香りがとっても濃いのが特徴です。雪菊茶はチベットや天山・崑崙山脈に息づく雪菊、海抜の高い山でしか採取されない雪菊、厳しい寒さの中で育った雪菊は世界で唯一の野生天然のキクの花です。
カフェインが気になる

玖瑰花(メイグイファ)

玖瑰花(バラ) 楊貴妃も飲んだ 玖瑰皇(メイグイファ)はバラの香りと色が特徴 ワイルドローズ=バラ科のハマナス100% ノンカフェインで 安息を求めるなら ノンカフェインで味はスッキリ 香りは甘く 色は美しい プーアル茶などとのブレンドも良
カフェインが気になる

菊米花

菊米花 遂昌菊米 日本では見かけませんが、菊の祖先の品種で その形から菊米と呼ばれています。正式名称は「遂昌菊米」スイチャンチーミー これ発音しにくいので、菊米花と呼んでいます。菊米花は菊の原木だけあってフラボノイドを豊富に含みます。
カフェインが気になる

七彩菊

七彩菊 チベットから 七彩菊で中国有名な健康茶 チベット周辺で収穫されます。日本では麦藁菊(ムギワラキク)と呼ばれ飲用せずにドライフラワーとしても 色鮮やかな花で茶湯もうすくスッキリとした色合いです。他のキク茶と比べてキク独特のにおいがなく飲みやすいのが特徴です。