白茶

白茶白茶

慶光茶荘の扱う六大茶分類での白茶カテゴリー

白茶のイメージ

自然と環境にゆだねられた 白茶

中国茶の白茶は日本茶には似たものがなく、紅茶のシルバーチップに近い 茶葉を最低限の加工で仕上げたものです。

ゆえにその表面にはお茶の産毛が残るのが見て取れます。

白茶の歴史

白茶は清の時代1796年頃に福建省の北部で生産されたとの記述もありますが、実際には宋の時代1115年には野生白茶といって福建所北部の特定地方だけで飲まれていました。

1885年に福鼎白茶等の品種が発見され有名になりました。

白茶の製法

六大茶の作り方

白茶の製法はとってもシンプル(左から三番目)

  1. 萎凋:日に当て微発酵をうながす
  2. 乾燥:茶葉を日に当て乾燥させます。

どちらも日に当てるシンプルな製法ですが、使う器具(茶葉を広げるトレーみたいなもの)に違いがあります。

後は製茶職人の勘です。もうそれだけ。

白茶の効能は

白茶には体の熱を取る効果があると言われており、盆地や南部で飲まれています。

体を冷やす効果以外にも白茶には美容効果もあると言われています。

白茶の美容効果 特にポリフェノールやカテキンは、他のお茶にも含まれていますが、白茶は栄養価が高いということで、強い抗酸化作用が期待できます。

白茶の飲み方

白茶の飲み方イメージ

茶葉と湯の量は1:50が基本です。

写真では2gで180ml 茶湯を入れっぱなしにしているので少し茶葉を減らしています。

白茶はこのように茶葉を茶湯に入れたまま 淡い色が出たら飲む感じがお勧めです。

湯の温度はガラスコップで淹れるなら90度ぐらい

急須だともう少し低めでもいいかも

 

白茶

白茶

白茶とは「弱発酵茶」と呼ばれ 摘まれた茶葉を、萎凋(いちょう、放置して萎れさせ、発酵を進めるとともに水分を飛ばすこと)した後に、火入れして乾燥させるだけという、中国茶の中では特に簡素な工程となっています。白茶はこの”六大茶”の中でもっとも簡単に作られていて、”揉捻”というお茶をもむ工程が入りません。
白茶

寿眉

この寿眉は中国白茶のカテゴリーで白毫銀針の番茶の意 名前の由来は仙人の白い眉に似ていることから 寿眉は白毫銀針と同じ品種の茶樹から作られ 煎茶のに近いものを白毫銀針として、番茶を寿眉として この寿眉は寿眉王と呼ばれるほど整った茶葉のみを使用しています。
白茶

白豪銀針

白茶は生産量が少ない茶です その中でも最上級の白豪銀針 白茶の評価は茶湯の色が淡くて味があるのが上級茶葉 古くから中国では白茶は体の熱をとると言われています。 その他さまざまな健康に良いといわれる白茶ですが、最低限の製造工程しかないために、茶葉をそのままというのがよいのかもしれません。
白茶

白牡丹

白茶は飲みにくいのでと言われるかもしれませんが 冷水 水出しがオススメ 古くから中国では白茶は体の熱をとると言われています。 熱中症などの予防に   一般的に白茶は品種・生産量が少なく高級茶ですが 白牡丹はリーズナーブルで飲みよい白茶です。
工芸茶

工芸茶 旭日彩虹 

旭日彩虹 オーバーザレインボー 慶光茶荘の工芸茶は茶葉の生産地として代表的な福建省政和県で作られています。 お茶を工芸茶にする作業は、ひとつづつ手作りで作られていきます。 長さをそろえた茶葉を1本1本丁寧に集め紐で縛り、丁寧に仕上げていきます。 茶葉:白茶 黄花:菊花 赤花:千日紅
工芸茶

工芸茶 龍鳳呈祥

龍鳳呈祥 工芸茶とは、茶葉を工夫して組み合せて作られた 「目で楽しむ・香りで楽しむ・味で楽しむお茶の美術品」中国茶には長い歴史がありますが、工芸茶は白茶+茉莉香や白茶+茉莉香+花などの様々な組み合わせのとっても新しい中国茶です。茶葉:白茶 黄花:茉莉花 赤花:百合
工芸茶

工芸茶 歩歩高升

慶光茶荘の工芸茶は茶葉の生産地として代表的な福建省政和県で作られています。お茶を工芸茶にする作業は、ひとつづつ手作りで作られていきます。 長さをそろえた茶葉を1本1本丁寧に集め紐で縛り、丁寧に仕上げていきます。茶葉:白茶 黄花:マリーゴールド 赤花:千日紅
工芸茶

工芸茶 丹桂瓢香

慶光茶荘の工芸茶は茶葉の生産地として代表的な福建省政和県で作られています。お茶を工芸茶にする作業は、ひとつづつ手作りで作られていきます。 長さをそろえた茶葉を1本1本丁寧に集め紐で縛り、丁寧に仕上げていきます。茶葉:白茶 黄花:金木犀 黄花:菊花 赤花:百合
工芸茶

工芸茶 出水芙蓉

工芸茶とは、茶葉を工夫して組み合せて作られた 「目で楽しむ・香りで楽しむ・味で楽しむお茶の美術品」 中国花茶には長い歴史がありますが、工芸茶は白茶+茉莉香や白茶+茉莉香+花などの様々な組み合わせのとっても新しい中国茶です。
工芸茶

工芸茶 金葫芦

金葫芦 工芸茶 工芸茶とは、茶葉を工夫して組み合せて作られた 「目で楽しむ・香りで楽しむ・味で楽しむお茶の美術品」 中国花茶には長い歴史がありますが、工芸茶は白茶+茉莉香や白茶+茉莉香+花などの様々な組み合わせのとっても新しい中国茶です。