台湾茶

台湾茶台湾茶

台湾茶を紹介します。

1645年オランダ支配時代に原住民が、お茶の野生樹を見つけ飲用した習慣があったとか しかし台湾原住民は文字を持たないため文化伝承されず詳細は不明です。

1796年に福建省の武夷山から外貨獲得のために茶の製茶技術が伝わったと言われています。

実際には武夷山の烏龍茶よりも安渓の鉄観音の影響が多いように感じます。

台湾茶の作り方

六大茶の作り方

実際に烏龍茶に関していえば、中国の烏龍茶と大きな違いはございません。

台湾四大銘茶として“凍頂烏龍”“文山包種”“木柵鉄観音”“東方美人”などが有名です。

台湾茶の今後

台湾には台湾四大銘茶(烏龍茶)のほかにも茉莉花茶や紅茶も有名ですが、やっぱり烏龍茶が一番 四季春や新品種など新しい品種もぜひ試してね

台湾茶

阿里山金萓茶

阿里山金萓茶は茶葉を育成するのに最適な高山である阿里山で育てられ 品種の金萓は1981年に新品種として従来の茶葉を改良された茶葉です。改良された金萓種の烏龍茶を茶葉の育成に最適な阿里山で育てられた台湾茶のファンにも納得の香りと味が特徴です。
台湾茶

木柵鉄観音

木柵観音茶は1896年に張さんが中国福建省安渓から台湾に持ち帰り木柵地区で12株の茶樹を移植に成功し、さらに追加で1000株と鉄観音の製茶技術を確立しました。木柵鉄観音の名前は木柵=地名 鉄観音=品種 から 木柵は台北市内で鉄観音品種から作られる木柵鉄観音ですが、最近では正統=せいとう)とか枕詞がつくことがあります。
台湾茶

凍頂烏龍茶

台湾茶を一気に有名にした 凍頂烏龍茶 台湾 中部 鹿谷郷で作られる 鹿谷郷は標高600m前後とそうでもないが 独特の地形により暖かく霧の多いがために 美味しいお茶ができるとされています緑がかった黄金色の水色とまろやかな味わい、花のような甘い香りが特長。 使われる主な茶葉は「青心烏龍茶」という品種です。
台湾茶

文山包種茶

文山包種茶はもちろん烏龍茶の仲間で また烏龍茶の中でも発酵が低い 清香(ちんしゃん)が特徴です。名前の由来は文山地区産の文山と紙袋包装で売られていたことからの包種(包装形態の意)から。 品種としては青心烏龍・四季春・台湾13号が使われます。
台湾茶

東方美人茶

19世紀中の台湾・新竹で、浮塵子(うんか)の被害を受けた茶葉を用い製茶したところ、甘い香りと味で評判になりました。英国で名付けられた「オリエンタル=ビューティ(Oriental beauty)」の訳語として、東洋では響きの美しい「東方美人」が定着しました。※この東方美人茶は茶葉が割れにくいよう半球状に改良されています。
台湾茶

台湾緑茶

甘さと香りですっきりした味わい 台湾茶の良いとこどりした 比較的新しい品種(台湾12号)金萱茶はバニラのような甘い香りとすっきりした味わいのお茶 比較的に病気に強く育ちやすいのが特徴です。一般的に金萱茶と言えば烏龍茶仕上げですが、金萱茶のもつ最大限の良さを表現しようと文山包種茶に近い 緑茶仕上げの茶葉です。
台湾茶

苗栗烏龍茶(新品種)

苗栗の茶商が技術指導して作られた、新品種・苗栗烏龍茶。台湾烏龍茶の中でも新しい品種を使って丁寧に仕上げました。着色や着香を一切排除した、茶葉だけの美味しさを求めた烏龍茶です。
台湾茶

珍珠女乃茶

台湾で有名なパールミルクティ その香りを台湾茶に付加してみました。バニラのような甘い香りが今までにない烏龍茶の世界へ導いてくれます。 台湾・南投県に位置する阿里山 その中でも茶畑の標高も高く 南向きの斜面 ここほど茶葉の育成に向いた土地はありません 豊富に肥料を使い 茶葉の味も凝縮されています。
台湾茶

大兎嶺

生産量が少ないとか 生産者が違うとか 標高が2000mを超えるとか いろんな伝説が いまここに! 大兎嶺はもともと茶畑ではない国有地を退役軍人が耕したのが最初と言われています。 もともと高山の避暑地で 茶畑には向いていました。 特徴として、茶葉を早めの段階で摘み 味がしっかりしています。
台湾茶

阿里山烏龍茶

苗栗の茶商が阿里山で技術指導して作られた、阿里山烏龍茶。台湾烏龍茶の中でも本格的な青芯品種を使って丁寧に仕上げました。着色や着香を一切排除した、茶葉だけの美味しさを求めた烏龍茶が阿里山烏龍茶です