茉莉花香小沱茶

  • 茉莉花香小沱茶 茶葉

茉莉花香小沱茶

小沱茶とは1900年代初頭に雲南省で開発された形状のことを表しています。 名前の由来は四川省から流れる沱江(ダコウ)の水でこのお茶を入れるとおいしいことからつけられました。

この茉莉花香小沱茶はジャスミン茶の香りを発酵強めの小沱茶移しました、プーアルに近くジャスミンの香りがお好きな方はぜひ かなり茶色が続くのでお湯は注ぎ切ったほうが、複数回飲みやすいと思います。

茉莉花香小沱茶(25個×約4g) ¥1080円

茉莉花香小沱茶の飲み方

500ccの湯に対して入れる茶葉の量を一応目安として書いておきますが、好みや各々の茶葉によって加減してみて下さい。

茶葉 1個
温度 90℃以上
時間 1分 2回目は前回時間+30秒

※1.お茶の濃さは抽出時間で調整します
※2.お茶は抽出時間が来たら注ぎきるように

上の条件は基本的な淹れ方を分かりやすく数値化したものです。
しかしお茶は嗜好品です、その淹れ方に決まりはありません。
その日の体調や天気・季節などを考えながら淹れるのも楽しいですよ。