田七人参 更年期

更年期に田七人参は効果的か?

キッチンで凍える女性

田七人参の更年期に対する効果を中国の文献から引用してみました 参考になればと

まずは最初に更年期とは

一般的に更年期とは女性ホルモン・エストロゲンの分泌が減少することで、体の調整がうまくいかないくなること。年齢的には40代から50半ばぐらいにあいだに症状が現れます。最近では若年性(30代)や男性(男性の場合はテストロゲンの減少)も言われています。

また昨今では精神的なストレスも大きく影響していると言われています。

更年期の具体的な症例は

頭痛に苦しむ女性

女性の場合

更年期は女性にとっての大きな悩みではないでしょうか? 女性ホルモンの思春期・成熟期・更年期・高齢期と4つの期の中で体の衰えをを感じる最初のステップが更年期なんです。それまでは成長から維持期を終えてからの女性的な体の変化についていけずにストレスにプレッシャーがかかりそれがまた体にと悪循環に陥ってしまいます。

女性ホルモンの成熟期から更年期に起きる最大の変化は閉経 これにより血流に変化が生じ体にも様々な変化がおとずれます。

  • イライラ・動悸・息切れ・疲労感
  • 動脈硬化・心臓病・高血圧
  • 骨粗しょう
  • 生活習慣病

男性の場合

男性の更年期も昨今では増加してきており 40代以降から まれに60代・70代で発症する事例もございます。

また男性の更年期は女性より長く患う場合もございます。

これの直接的な原因は男性ホルモンの低下ですが 男性ホルモンは女性と違って4つの期がなく だんだん低下していくものなのですが ストレスや環境の変化がきっかけで急激に男性ホルモンが減少する場合もございます。

これらは外的な原因で更年期になっているので長く患うのです。

  • イライラ・動悸・息切れ・疲労感
  • 前立腺肥大
  • 脱毛
  • 性欲減退

更年期の原因は

これらの症状は男女ともにホルモンバランスの乱れから血行不具合・五臓の働きの悪化などから引き起こされるものが大半です。

東洋医学からみた更年期

漢方医学では、女性の更年期は主に腎陰の欠乏に基づいていると考えられており、この疾患の主な病因は次のとおりであると考えています。
7歳・14歳・49歳の女性の年には、腎臓の気が徐々に悪化し、清血が減少し、本質的な血液が不足すると

  • 最初に陰と陽の不均衡が生じます。
  • 次に排泄の喪失、肝機能低下および停滞
  • 最後に腎臓・脈拍の乱れなどから、五臓の気および血液の調整力が低下する

これらにより更年期特有の症状(心の不安定・記憶力低下・不注意・不眠・疑念)が現れる。

漢方医学では女性の更年期症候群の主な原因は「肝臓と腎臓の陰の欠乏、肝臓や気の停滞」と考えられています。

更年期に対する漢方的アプローチ

女性の更年期は、40〜60歳で発生することが多く、ほとんどの女性が症状を示す可能性があります。

特に症状の軽い方などには薬ではなく 気の病にならないようにするのが大切です。

ですから最初は更年期の説明から入るのが一般的で、さらには気を高める食事や漢方など体に負担の少ないものをお勧めします。

更年期障害の女性の約85%は自分で症状を和らげることができますが、約15%の人は、治療を必要とする重篤な症状を持っています。

治療を必要とする場合は肉体的な問題なのか ホルモンの不足なのかを切り分けて考えなければなりません。

田七人参で更年期の症状は軽減する?

田七人参粉のイメージ

田七人参は血液循環や五臓働きを助ける。

ですから 更年期が気になる方は是非お試しください。

田七人参は血液を補充し、気を補充します 血液中の赤血球、白血球、血小板、その他の血液細胞の分裂と成長を促進し、血液細胞の数を増やし、正常なレベルを維持します。

また、更年期による疲れから活動量が減り成人病になりやすくなります。田七人参のもう一つの効果である止血効果が外側の血管を強くし中の血液はさらさらにと成人病を抑制や心血管・脳血管を保護します。

結果 田七人参の粉を飲むことにより 更年期の症状軽減に効果的です。

※田七人参の事は 中国の百度(Wikipediaみたいなもの)から引用しました。