田七人参市場レポート

田七人参サマーレポート

田七花市場

7月は田七人参の花の収穫が盛んで、田七人参市場にも田七人参の花が出荷の最盛期を迎えています。田七人参の花は緑から赤に色が変わりますが、薬用に使われるのはもっぱら緑色のときに収穫されて乾燥央されてものです。

7月に入り 田七人参花の収穫期を迎えています。

田七花アップ

 

田七人参の花は漢方薬の原料

ご存知の通り 田七人参多年草ですが、田七人参の花にも二年花・三年花などの種別がございます。購入なのは三年花の短い茎のものですね。これらは田七の根には及びませんが、様々な漢方薬や健康茶の原料として市場を通じて出荷されていきます。

中国における田七人参安全性

田七有機ピラミッド

漢方薬は医品として、基本的な前提安全性です。 漢方薬注射剤の安全性を確保する為に、中国食品薬監督管理の要求に従い、これから 毒性の研究安全性の 再評価 をしなければりません。
当政策に応じ、田七人参原料とする注射剤再評価 当政策に応じ、その中で肝心な所は原料からのトレーサビリティです。

安全性再評価を通さないと、上記薬品は合格品として市場へ出せまん 。そのため、中国大手製薬企業積極的再評価着手して、これらの事例を通じて田七人参品質が向上しています。

まとめ:

漢方薬は中国伝統的な品な品で、時代に応じ革新して来ました。特別な臨床を通じて強い生命力を持ってます。これらの品質は人間の安全性と直結します。中国政府は管理やトレーサビリティを強化し問題が発生した場合の即応体制などの強化に努めることを発表しています。

現在の大手製薬メーカーは販売より自社商品の見直しなどの力を入れており、市場は少し停滞気味です。