耳鳴り 田七人参

「耳鳴り」と田七人参のお話を少し

頭が痛い中今年の夫婦

耳鳴りは自分だけに聞こえる

「耳鳴り」は、実際には音が鳴っていないのに「鳴っているように感じる」症状です。

  • 金属的な鋭い音
  • 液体が流れるような低い音
  • ノイズ的な騒がしい音

を感じることが多いようです。

「耳鳴り」は、数分でおさまる症状はそれほど心配はいりません。

しかし、放っておくと症状が悪化する場合がございます。

また、音の聞こえ方は、それぞれ人によって違います。「耳鳴り」がすることで、ストレスを感じることでしょう。

「耳鳴り」の約80%は聴覚器官の異常

私たちは、外から入る音の振動を「耳介」によって集め、「鼓膜」に伝えます。そして鼓膜の振動が「中耳」「内耳」と伝わり「蝸牛」で電気信号に変わり、神経を通じて大脳に送られて「音」として認識されます。

一般的に「耳鳴り」は、聴覚器官「蝸牛」に何らかの異常が起こって発症すると考えられ、実際、その割合は約80%に達すると言われています。

また聴覚器官「蝸牛」に何らかの異常が起きている場合は「耳鳴り」と同時に、

  • 難聴
  • 平衡感覚の揺れ
  • 音エコーが響く
  • 頭痛がする

といった症状が見られることがあります。

「耳鳴り」原因の残り20%は

「耳鳴り」原因の残り20%は体の不調からも、「耳鳴り」の原因は多岐にわたり、いろいろな体調不調の影響が考えられます。

そのなかでも、

  • 神経や脳の障害
  • 糖尿病
  • 高血圧症
  • 動脈硬化症
  • 更年期障害
  • 自律神経失調症
  • 睡眠障害

などが関与するといわれています。

メニエル病と突発性難聴

「メニエル病」と「突発性難聴」は、「耳鳴り」を引き起こす原因として知られています。
「メニエル病」は、「内耳」のなかにある「リンパ液の乱れ」から、平衡感覚の異常が生じる病気です。

一方、「突発性難聴」は、急に前触れもなく耳が聞こえなくなります。同時に、「耳鳴り」や「めまい」が起こるのが一般的。放置しておくと症状が固定するケースが多くみられるので、症状が起きたら早めに治療を始めることが重要です。

発症には「ストレス」が深く関与している

「メニエル病」や「突発性難聴」も、発症には「ストレス」が深く関与しているといわれています。

  • 疲労
  • 寝不足
  • 生活リズムの乱れ

等が重なり「ストレス」がたまると、さらに悪化しやすい傾向があります。

「強いストレス」は、「自律神経」を乱し「慢性的疲労」や「めまい」とあわせて「耳鳴り」を引き起こす確率を高めます。他にも、あご関節の機能異常によって耳鳴りが起こることもありますが、まずは「耳鼻咽喉科」を受診し、専門医に相談しましょう。

それでは、「耳鳴り」に田七人参はどうなのか?

耳のイラスト

ココからは中国サイトの記述を参考に翻訳しながら紹介します。

「耳鳴り」には本物と偽物がある。

「耳鳴り」の原因には本物と偽物がある 本物とは神経性のものであり偽物とは気の減少からくるものである。※この意訳は難しいが、本物とは外部からの刺激による肝機能の腫れを表現している また偽物とは体内にある気の減少による血流の滞りを表現しています。

  • ここで言う本物とは風と熱の侵入、肝臓と火の障害
  • ここで言う偽物とは腎臓経絡の虚弱と気と血液の弱さ

これらに共通するのはうっ滞・うっ血(血流などが静脈内などに停滞した状態)の状態である。

うっ血には田七人参がお薦め

田七人参には人参の中で最高の熱を取り腫れを押さえ血液循環を促進し出血を止めるという、うっ血を除去する能力があります。

もし慢性耳鳴が気になる場合には一日二回 田七人参を試してみるといいでしょう。

と中国のサイトではしめくくられています。

田七人参 耳鳴りのまとめ

長くなりましたが、「耳鳴り」の症状でお悩みの方で まずは耳鼻咽喉科で相談するのをお勧めします。

治療が長期になり 食事から見直したい時に 健康食品である田七人参を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

※イラストはしょこらんさんによるイラストACからのイラスト