プーアル茶と杜仲茶の違い

何が違う? プーアル茶と杜仲茶を比べてみました

杜仲茶とプーアル茶
左:杜仲茶 右:プーアル茶

プーアル茶と杜仲茶は何が違うのか、プーアル茶は茶葉(ツバキ科のカメリアシネンシス・日本茶と同様)を原料に使い黒茶仕上げのお茶ですが、それに対して杜仲茶は原料の樹木(トチュウ科の落葉高木)自体が違います

プーアル茶と杜仲茶:産地比較

中国地図

プーアル茶は雲南省産です。 杜仲も原産は中国北部(吉林・遼寧)が産地ですが日本でも1970年代の杜仲茶ブームで日本でも広島の因島・長野県の伊那・秋田県の大仙などでも生産されています。

プーアル茶と杜仲茶:原材料の比較

杜仲茶 普洱茶の原木
左:杜仲茶 右:プーアル茶

プーアル茶の原料は日本茶と同じツバキ科のカメリアシネンシスですが、品種に違いがあり詳しくは「プーアル茶の原材料と原産地は」のリンク先を参考ください。

ここでは杜仲茶の原料について少し詳しく書いていきます。

杜仲茶は漢方薬?

生薬 杜仲

杜仲は昔から生薬として扱われ 今現在日本でも同様である 杜仲の効果としては腰痛、足腰の倦怠感解消、頻尿、肝機能・腎機能の強化、高血圧に効果があるとされています。

ここで言う杜仲とは 杜仲の樹の樹皮のことをいいます。

杜仲の副作用とは

生薬である 日本でも医薬品指定されています杜仲には副作用があります その副作用とは 心調律障害・血圧低下・めまい などが杜仲単体での接種やその他の食品や薬との飲み合わせで現れることがあります。

それでは杜仲茶は?

杜仲茶のイメージ
杜仲茶のイメージ 杜仲葉と茶湯

それでは杜仲茶は生薬なのでしょうか? 答えはNO! なぜなら杜仲茶で使われるのは杜仲の樹の葉の部分 同じ樹からでも使う部位の違いで生薬か食品かと違うのです。

これは他の生薬でも見られます 有名なのはセンナですね センナの実・葉は医薬品扱い(下剤)ですが、茎は食品のためによく便秘解消茶として売られていることも。

ですから同じ樹でも部位が違えば医薬品と食品と変わる場合がございます。

杜仲茶=杜仲葉茶

一般的に販売されている 杜仲茶は実際は杜仲茶の葉なんですね。 食品だから健康茶として流通していますが 実際中国でも杜仲葉茶は健康茶として販売されています。

プーアル茶と杜仲茶:効能の比較

杜仲茶の仕上げ作業

プーアル茶と杜仲茶は日本では食品扱いのため効能の比較はしにくいので中国のサイト”百度”で調べてみました。

プーアル茶の効能

普洱茶を茶海から茶杯へ注ぐ
普洱茶を茶海から茶杯へ注ぐ
  • アンチエイジング
  • 血中中性脂肪・コレステロールの減少
  • 脂肪減少・動脈硬化予防
  • 胃の保護・抗炎症
  • 虫歯予防

茶葉から握推という二次発酵工程を経て作られるプーアル茶は発酵食品的な要素が強く お茶独自のパワーに発酵パワーが追加されたお茶です。

重合カテキン・タンニン・ポリフェノールなどが健康成分です。

杜仲茶の効能

杜仲の葉
杜仲に含まれる白色乳液の天然ゴム成分
  • 抗酸化・アンチエイジング
  • 免疫調整・貧血
  • ダイエット・高血圧改善
  • 利尿・腎臓

杜仲の樹には樹液に白色乳液が含まれる これはガタパーチャと呼ばれ天然ゴムとして利用されます。その自然の粘々が様々な効果を生み出します。

クロロゲン・鉄・様々な配糖体などが健康成分です。

プーアル茶と杜仲茶:カフェインの比較

お茶を飲む妊婦

一般的にカフェインについては、茶葉から作られるプーアル茶にはカフェインが含まれ 杜仲の樹葉から作られる杜仲茶にはカフェインは含まれません。

プーアル茶とカフェイン

上にプーアル茶にはカフェインが含まれと書きましたが、プーアル茶はその二次発酵で一般的なお茶のカテキンとは違う重合カテキンが生まれます。これらによりプーアル茶のカフェインは一般的な茶葉で作られた緑茶の1/3程度 また二次発酵の手間の違いでノンカフェインで抽出できる場合もございます。

プーアル茶と杜仲茶:淹れ方の違い

プーアル茶を注ぐ

ここでも茶葉から作られるプーアル茶と杜仲の樹葉から作られる杜仲茶では違います。

プーアル茶の淹れ方

茶葉から作られるプーアル茶は煮出し厳禁(煮出すとプーアル茶に含まれるカテキンなどが変化する)ので一般的なお茶と同じように湯を注ぐか 沸いたお湯に火を止めた後に茶葉を沸いたお湯に入れます。

冷やして飲む場合も一度お湯で出した後 冷蔵庫で冷やします。

プーアル茶は抗酸化に優れていますので 冷蔵庫の中でなら4日程度は味が変わりません(酸化しません)

杜仲茶の淹れ方

杜仲茶は煮出します。 煮出しても変わる成分がないために煮出したほうがよく抽出できるから。しかしここで注意 杜仲茶は煮出しが強すぎて成分が濃くなると医薬品のような成分が出ることもあります。

医薬品に近づくということは飲み合わせやご自身の体調を知る必要があり 注意が必要です。

杜仲茶は冷やして飲む場合の注意が二点 まずは、酸化しやすいので冷蔵庫でも2日程度で味が変化する場合もございます また杜仲茶には鉄分が多く含まれるために冷やして飲む場合に鉄の味が強く出る場合もございます。

まとめ プーアル茶と杜仲茶を比べて

健康が気になる女性二人

プーアル茶と杜仲茶は同じお茶でありながら 原材料も違います。中国茶の分類で言えば六大茶分類の黒茶に分けられるプーアル茶と茶外之茶に分類される杜仲茶

ですから淹れ方も違えば 効能にも違いがございます。

効果だけで考えるなら

  • プーアル茶:血中中性脂肪とコレステロールが気になる 脂肪肝・痛風・冷え性
  • 杜仲茶:貧血・高血圧改善・ダイエット

もちろんグレードや品質が同じであればの比較ですが・・

もし自分が飲む場合どちらを選ぶ プーアル茶と杜仲茶は成分や効果も違うならどちらを飲めばいいのだろう? そこでふっと混ぜたらどうなる?と考えました。

プーアル茶と杜仲茶を混ぜるなら

今までいろいろ書いてきて プーアル茶と杜仲茶をまとめて作る場合

  1. 2リットルのヤカンに水を入れる
  2. 次にヤカンに杜仲茶3g~5g程度入れ煮出す(沸騰してから10分程度)
  3. ヤカンの火を止めてからプーアル茶を3g~5g程度いれる
  4. 5分~10分たったらヤカンの中をかき混ぜ 茶葉をとって完成
  5. 冷やす場合は容器を移し替えてから 2日程度で飲み切れるようにする

このような淹れ方ですと プーアル茶と杜仲茶のいいとこどりが出来ますね。

茶葉のご注文はコチラから

通販で買えるオススメのプーアル茶

杜仲茶100%コチラから