プーアル茶の種類 熟茶と生茶

熟茶と生茶

プーアル熟茶と生茶

プーアル熟茶生茶外観の違い

プーアル茶熟茶と生茶の外観の違い

上の写真は餅茶状態ですが、散茶でも見分け方は同じです。

  • 熟茶は発酵が進んでいるので茶葉の色が濃茶
  • 生茶は黄色から濃い緑で青さの色 茶湯の色も熟茶に比べると明るい

プーアル熟茶と生茶の製法の違い

プーアル茶 熟茶と生茶の製法の違い

熟茶は一般的にプーアル茶の製造工程にだけある握推(二次発酵を促す)という作業をすませてあり、茶葉が完成しているのでここから大きな変化は見られません。しかし生茶はこの握推をしていません、生茶は緑茶や白茶に近い仕上げをして茶葉の質を楽しむものです。

プーアル 生茶 熟茶 2

生茶は購入者が自身で二次発酵の管理をして茶葉を仕上げていくのです。ワインセラーで自分の好みまで寝かせることができるような環境をお持ちの方は生茶にチャレンジするのもありかもしれません。

一般的に中華圏でいう生茶とは、プーアル茶だけでなく烏龍茶や白茶等にも最終仕上げをせずに品種による茶葉本来の味わいを楽しむためのものであり、最終仕上げをされていないために例外を除いては味の変化が激しく産地に近くその茶樹のベストシーズンで味わうものです。

プーアル茶の古くて新し仕上げ方生茶と以前からの仕上げの熟茶

プーアル茶の製法

2000年代に入りプーアル茶の生産にも民間企業の多数参入してきました。さまざまな付加価値を上げるために、また茶葉の質を表現しやすいように握推(二次発酵)をすませていない生茶仕上げのプーアル茶が出てきます。これに対していままでのプーアル茶は熟茶と呼ぶようになりました。

本来プーアル茶は緑茶に近い形で仕上げられていたと思われ、それが茶葉古道などを通って出荷されるようになります。湿気の少ない茶葉古道で自然発酵されその工程が現在の握推(二次発酵)と言われています。

※茶葉古道とは? プーアル茶の歴史参照

プーアル茶における熟茶と生茶の効能・効果の違い

プーアル茶の成分

一般的に普洱茶はダイエットに良いとか色々言われていますが、それらは熟茶の事を言います。ですから健康目的でプーアル茶をお探しの方は熟茶が向いているでしょう。

発酵度 製法 特徴
熟茶(黒茶) 昔ながらの製法 二次発酵あり 昔からの製法 健康目的で
生茶(白茶・緑茶) 緑茶の製法に近い 雲南茶葉を味わう 嗜好品的

生茶は製法上一般的な緑茶などと同じ製法なので新しいうちは味もしっかりしています、また二次発酵臭もないので嗜好品向きの茶葉です。 しかし生茶は管理方法や時間で成分や味も変化するのであくまでも自己管理が必要です。

※ その他の生茶 プーアル茶だけではなく烏龍茶等にも生茶仕上げは存在しますが、作者的に生茶は生産現地で茶葉を直接味わうために飲むもので 時間がたつほど移動するほど味や成分に変化をもたらします。

熟茶の特徴

普洱熟茶
普洱熟茶

熟茶の特徴はなんといっても二次発酵のによる発酵食品化 この二次発酵のやり方やかける時間でその価値は変わります。

二次発酵が短いとコストは下がるが独自の発酵香が残ります、しかし普洱茶独特の発酵香は中国華南地区で好まれています。

二次発酵長めの普洱茶は茶葉の酵素が増え効果も高くなり普洱茶独自の発酵香を抑えるとともにカフェイン量も減少する事から飲みやすくなります。

生茶の特徴

普洱生茶
普洱生茶

生茶は、比較的新しく90年代後半頃から、以前普洱茶は”雲南畜産公司”という国営企業で生産されていたのですが、改革開放が進み民間小規模企業の進出がすすみます。

”熟茶”のように二次発酵させるには大規模な設備が必要になりますが、雲南大葉種など良質な茶葉を小規模企業でも生産できる緑茶や白茶仕上げの普洱茶が作られるようになりました。

2004年ごろ普洱茶バブルが到来しますが、これは普洱生茶を個人的にワインセラーなどで手間をかけ熟成させると価値が上がることから コレクターアイテムとして投資の対象となったのがきっかけです。

普洱茶をコレクターアイテムや嗜好品として飲んでみたい方は”生茶”も選択肢に入れてみるのも良いかもしれません。

まとめ プーアル茶の種類 熟茶と生茶

プーアル生茶と熟茶

プーアル茶として完成しているのがプーアル熟茶でプーアル茶として未完成なのが生茶

筆者としての考えでは

  • プーアル茶を健康目的の効果効能で飲むならプーアル熟茶がお勧め、なぜならば製品品質に変化がない。良質の熟茶を選べば間違えない。
  • プーアル茶を嗜好品として飲むなら プーアル生茶もあり、なぜならば味に変化があり茶葉の味わいが楽しめます 一方保管方法や管理状態で味わいに差が出やすいのも生茶の特徴です。

一般的にプーアル生茶だけではなく 烏龍茶や白茶にも生茶仕上げは存在しますが、筆者的には生茶仕上げは生産地現地で飲むのがお勧めです。

普洱茶・プーアル茶16年発酵お試しはコチラから

慶光茶荘のプーアル茶 コミコミ1000円
慶光茶荘のプーアル茶 コミコミ1000円
慶光茶荘のプーアル茶 コミコミ2倍
慶光茶荘のプーアル茶 コミコミ2ヵ月分
プーアル茶お徳用ティバッグバナー
慶光茶荘のご家族用120L分

通販で買えるオススメのプーアル茶