プーアル茶と日本茶の違い(原産地・材料編)

プーアル茶は何から出来ている?

プーアル茶の飲み方

普洱茶の原料となるのは 日本茶と同じ茶葉からで品種や製法に違いがございます。

プーアル茶の茶葉は

プーアル茶は何から出来ている一般的にプーアル茶に使われる茶葉は雲南大葉樹 成長すると写真の通りかなり大きいのですが、実際には成長時の芽や葉などが原料になります。

もちろん雲南大葉樹はツバキ科のカメリアシネンシスの品種であり、日本茶に仕上げられる”やぶきた”や紅茶品種”ウバ・ダージリン”との兄弟品種です。

ですから同じ茶葉を使っているかと言えば、使っていると言えば言えますが 全く同じではありません。

製法の違いは

お茶の製造工程表

上の表で見ると一番左が日本茶で一番右が黒茶=普洱茶です。

よく似ていますが黒茶=普洱茶には握推という強制的に二次発酵させる工程があり その工程が独特の普洱茶らしさを生みます。

プーアル茶の原産地は

プーアル茶の原産地は雲南省普洱県(プーアル県)で周辺の雲南省から貴州省にわたる高原は、世界最古の茶葉の自生地としてギネスブックにも載っています。「お茶の木は南方から来る」茶聖 陸羽の言葉ですが 雲南省は温暖で高地の茶葉の育成条件に適した環境です。

省都 昆明は標高2000mにある一年中乾燥した春のような気候です。

現在でも雲南省では様々なところで茶葉が生産されています、また雲南省では花やコーヒー・タバコなどの様々な嗜好品が生産されています。

野生樹と栽培樹

プーアル茶の茶樹

プーアル茶の産地であります雲南省は太古の昔から茶樹が存在したところ、ですからお茶の木にも野生樹と栽培樹が混在しているのが現状です。一般的には野生種のほうが小ぶりなものが多く栽培種は大ぶりなものが多いです。

まとめ プーアル茶は何から出来ている?

プーアル茶を淹れた茶杯

プーアル茶は日本茶や紅茶と同じツバキ科のカメリアシネンシスから出来ています。

品種でいうと、最古の茶樹群のある雲南省の古い茶樹品種・雲南大葉種・中葉種・小葉種、から作られるのが一般的です。

この雲南大葉種などの茶樹の木は、私たちが日本で見る茶樹のイメージと違い野生樹では3m~4mと大きく 栽培種でも2m程度の高さがあります。

日本茶と比較すると原料は同じ茶葉ですが品種が違います。

また普洱茶=黒茶独自の握推(二次発酵工程)を経ることにより茶葉が独自の発酵された状態になるのです。

普洱茶・プーアル茶16年発酵お試しはコチラから

慶光茶荘のプーアル茶 コミコミ1000円
慶光茶荘のプーアル茶 コミコミ1000円
慶光茶荘のプーアル茶 コミコミ2倍
慶光茶荘のプーアル茶 コミコミ2ヵ月分
プーアル茶お徳用ティバッグバナー
慶光茶荘のご家族用120L分

通販で買えるオススメのプーアル茶