プーアル茶の美味しさ

このページでは一般的にちょっと癖のあるプーアル茶を味や飲みやすさから注目してみました。

 プーアル茶って美味しいの?

プーアル茶の味

プーアル茶には様々な種類がございます。 現在では中国雲南省産の茶葉に対してばかりでなくミャンマーやラオス等で作られるお茶にも”プーアル茶”と呼ぶものもございます。

プーアル茶は美味しいの? たくさん種類があるので、それはひとくくりにお答えできません、すこしプーアル茶の種類を考えてみましょう。

大きく分けるとプーアル茶の区分けは

プーアル茶の種類 熟茶と生茶

  • 餅茶か散茶(プーアル茶の種類 餅茶と散茶)
  • 熟茶か生茶(プーアル茶の種類 熟茶と生茶)
  • 大葉 中葉 小葉(茶樹の品種)
  • 野生樹か栽培種(自然か天然か)

この中でも美味しさに関する区分けは熟茶(古い作り方)・生茶(茶葉を楽しむ仕上げ)の差が一番大きいと思いますのでこれらを取り上げていこうかなと思います。

プーアル生茶の美味しさ

プーアル生茶

プーアル生茶はプーアル茶独自の握推という工程していない、言うなれば成長過程にある段階のプーアル茶なんです。

なぜこの生茶が出回るようになったかというと握推工程をしてしまうと麹菌酵素が発生するために茶葉本来の味わいがわからなくなるため。

せっかく手間暇かけて作った茶樹から作ったものなのでその茶葉の原型を残すために生茶仕上げが流通します。

また生茶は自分の手で育てる楽しみもあるのでワインのように寝かせるなんてことも、出来立ての生茶は茶葉の味がそのままダイレクトに感じます。

嗜好品として飲むのであればとても美味しいですがカフェインは強めです。

プーアル熟茶の美味しさ

プーアル茶の美味しさ 散茶

本来のプーアル茶の作りを踏襲した、プーアル熟茶の美味しさは 先ほどの握推と呼ばれるプーアル茶生産時の二次発酵の状態で変わってきます。

このプーアル茶独特の二次発酵香は好き嫌いが分かれますが、二次発酵が浅いと二次発酵臭が抜けきらず独特の香りがします また二次発酵が深いと茶葉の持つ酵素量が増えて二次発酵香を抑えます。

プーアル熟茶はもともとローカフェインですが熟成が進むとカフェイン量・二次発酵香ともに少なくなっていきます。

プーアル熟茶は、この二次発酵香で好きか嫌いかで評価が分かれます。

まとめ:プーアル茶は美味しいのか?

プーアル茶の飲み方

プーアル茶が美味しいか?と聞かれれば今までを読んだ方はどのようなお答えを返すのでしょう。

プーアル生茶は茶葉本来の美味しさ。

プーアル熟茶は発酵酵素による二次発酵香の美味しさ。

私個人的には、プーアル熟茶のそれも二次発酵の深いものが好きですが、あなたはどのようなプーアル茶が好きですか?

プーアル茶16年醗酵 お試し三週間分
プーアル茶16年醗酵 お試し三週間分

通販で買えるオススメのプーアル茶