リパーゼとは

普洱茶のダイエット効果 リパーゼってなに?

棚に並ぶプーアル茶

このホームページでプーアル茶の効果として挙げているリパーゼ酵素とは? リパーゼのダイエットに対する働きとは? プーアル茶の特徴としてリパーゼがとか書いていますが、先日お客様から リパーゼについて質問が来たので、そのお答えを記載しておきます。

リパーゼの働きとは

まず質問の前にリパーゼとは何だろう? 体にどのように働くのか?を解説します。

リパーゼとは

リパーゼとは、脂質を構成するエステル結合を加水分解する酵素群のことで、名前の由来は、ギリシャ語の“lipos”+“ase”に由来します。

一般的には中性脂肪(トリグリセリド)を分解して脂肪酸を遊離するトリアシルグリセリドリパーゼの事を言います。

消化液に含まれ、脂質の消化を行う消化酵素であり、多くの生物の細胞で脂質の分解・代謝に関係しています。

リパーゼの働き

食物から摂取する脂肪のほとんどは中性脂肪です。中性脂肪の膜にはめ込まれている脂肪分解酵素「リパーゼ」が脂肪を分解してくれます。

しかし中性脂肪の表面にはタンパク質と結合したリン脂質がロックしています。

そのロックを解除するのが、ホルモンです。ホルモンを出すためには軽度の全身運動を行うと効果的で、運動が刺激となって交感神経の末端からホルモンが出されます。

その後 リパーゼの働きによって分解された中性脂肪は脂肪酸を放出しますが、脂肪酸は血液の流れに乗って筋肉に運ばれていきます。

リパーゼで痩せるには

中性脂肪がリパーゼで脂肪酸に変わり、その脂肪酸が赤筋肉に取り込まれることにより消費されるのですが、せっかく分解された脂肪酸も使用されないと肝臓に運ばれ再度中性脂肪を形成してしまい元の木阿弥です。

それらを防ぐためにも リパーゼを摂取したら赤筋を刺激するようにゆっくり(きつくない程度の有酸素運動)大きく30分程度動くとダイエットによいと言われます。

Q リパーゼについての質問

それでは本題の お客様からのご質問は二つ リパーゼは熱に弱い? ふまえてのプーアル茶の淹れ方については? に答えていきたいと思います。

Q リパーゼは熱に弱いのでは?

プーアル茶の生きている酵素が脂肪を分解します。という説明がありますが酵素は熱に弱いのではないでしょうか? 熱湯で酵素は死んでしまうと思いますが?

A 慶光茶荘のお答え

ご指摘の通り普洱茶に含まれるリパーゼ酵素などは働く適温があり50℃から70℃が最適です。

ただ、リパーゼを含む酵素は高温で死ぬのではなく”失効”(効果を失う)で再度適正(70℃以下)に温度が戻れば再び効果が戻ってきます。リパーゼはの効果は体内で働き出すので基本的に熱湯で淹れても大丈夫です。

プーアル茶の醗酵風景

Q プーアル茶の淹れ方について

また、プーアル茶の淹れ方ですが煮出す方法は良くないのでしょうか?

A 慶光茶荘のお答え

ちなみに淹れ方に関してはプーアル茶を含む”茶葉”(お茶の木)から作られている基本的に熱湯を注ぐ(煮出さない)のを推奨します。これはプーアル茶だけでなく お茶に含まれる様々な成分が変化・揮発・結晶化しないためです。プーアル茶だけでなくお茶の様々な効果は煮出して濃くしたから効くというのはなく、濃いものを少し飲むより 薄くてもお茶の量を多めに飲んだほうが体には良いと思われます。※成分が濃く抽出されてもお茶を飲む等の経口から摂取する場合 体が吸収しきれない場合もございます。

麦茶やハーブティ等の場合は煮出したほうが良い場合もありますが これ以上書くと本題から外れていきそうなので・・

まとめ

プーアル茶のリパーゼ酵素は高温で”失効”しますが、飲用により体内に入ると温度が下がりその効果が戻ります。

プーアル茶のリパーゼを最大限効果的に使うためには軽度の有酸素運動が効果的です。

プーアル茶の煮出しは慶光茶荘ではお勧めしません プーアル茶は煮出さないでください。※メーカーによっては煮出してという場合もありますのでご注意ください。

普洱茶・プーアル茶16年発酵お試しはコチラから

慶光茶荘のプーアル茶 コミコミ1000円
慶光茶荘のプーアル茶 コミコミ1000円
慶光茶荘のプーアル茶 コミコミ2倍
慶光茶荘のプーアル茶 コミコミ2ヵ月分
プーアル茶お徳用ティバッグバナー
慶光茶荘のご家族用120L分

通販で買えるオススメのプーアル茶