プーアル茶の種類 散茶・固形茶

このページでは形によるプーアル茶の種類を記述していきます

プーアル茶 散茶と餅茶

餅茶(固形茶)というプーアル茶独自の形状

茶葉古道

餅茶(固形茶)はプーアル茶にはというより「茶馬古道」などによる古い昔からの陸路のよる茶葉の交易時代に必要にして茶葉を固めて流通させたそのなごりです。チベット交易の為に馬で荷物を運ぶ時に茶葉を固めて運ぶ風習が根付きました。

昔のプーアル茶は散茶餅茶(固形茶)ぐらい?

プーアル茶の種類 餅茶を崩す

1970代以前はプーアル茶の製造方法なども雲南省にある元国営企業が管理・生産しているのがほとんどで門外不出の状態でした。この当時は普洱茶=黒茶で種類としてはほとんどが餅茶(固形茶)の仕上げでした。

やっぱりプーアル散茶は便利

プーアル茶の美味しさ 散茶

1980年代になるとプーアル茶の生産量が拡大し、一般消費者にも流通しだしますが固形茶(餅茶)では使いにくい、そこで小沈茶や散茶など家庭で使いやすいタイプのプーアル茶が増えていきます。

現在では特にプーアル散茶は輸出用として広く流通するようになりました。

プーアル餅茶は(固形茶)投資対象に

中国茶の市場

これはプーアル茶の始まりにも起因しているのですが、一次発酵の状態で仕上げた餅茶を自然熟成による二次発酵させることにより価値が上がると考えられたからです。

本来 茶馬古道 など竹の皮に包まれた茶葉がチベットの乾燥した空気に満たされ少しづつ進む二次発酵にワインのような寝かせるほど高級になるみたいな解釈がついて2005年ごろからプーアル茶相場がバブル状態になりました。

このバブル相場はリーマンショックと同じ2009年に終息をはじめ、現在では最高値の1/3ぐらいで落ち着きました。

プーアル餅茶と散茶

まとめ:なぜ不便なプーアル餅茶(固形茶)はなくならない

棚に並ぶプーアル茶

ひとつめの理由は 中国内における消費者の伝統的なプーアル茶に対するイメージがあり需要がある。

ふたつめは プーアル茶の生産業者も国営から民間に変わっていきます 民間企業の参入により、より珍しいプーアル茶、美味しいプーアル茶、少しでも高く売れるプーアル茶が生産されるようになりました いまではプーアル茶と言いながら烏龍茶のように仕上げた茶葉や白茶のように仕上げた茶葉など様々です。

しかし茶葉の仕上げは違っても雲南省産の茶葉なのでプーアル茶と言う名前を使いたい、そのためにプーアル茶のイメージである餅茶(固形茶)として仕上げているのではないでしょうか?

プーアル茶16年醗酵 お試し三週間分
プーアル茶16年醗酵 お試し三週間分

通販で買えるオススメのプーアル茶