プーアル茶を漢字で表記する

プーアル茶と漢字

漢字表記:普洱茶

発音記号:pǔ’ěrchá

カタカナ表記:プゥー ア(ル) チァー

英語表記:Pu’er tea ドイツ語:Pu-Erh-Tee フランス語:thé pu’er

別種類 黒茶:Hei cha 沱茶:Tuo cha 方茶:Fang cha 緊茶:Jin cha 餅茶:Bing cha

※上記はコピーできます ご自由にご使用ください ソフトによっては貼り付けできない場合がございます。

プーアル茶=普洱茶

昆明の普洱茶専門店看板
この看板は 中国雲南省 省都 昆明市のプーアル茶専門店の看板です。

プーアル茶=普洱茶 と最近ではネット上でも普洱茶と記載されていることも増えたが。もともとなぜ?カタカナ表記なのだろうか?

それは普洱茶の”洱”の漢字でなく漢語のため当用漢字での表記外(日本語でなく中国語)になっていたから 数年前から中国語と日本語の表記も可能になってきたのですが、ソフト上(ワードやエクセル他)では表記できない場合もあります。

洱の字について

また”洱”(発音はer)この字は中国語でも意味を持たない助詞である 色々調べたが”洱”は”普洱”としてしか使用されない(私が知らないだけかもしれません)

  • 普洱茶 普洱市で作られるお茶の総称
  • 普洱市 雲南省の一地方都市名

ですから会話で使われることはなく 地名 商品名としての読み方だけですね。

普洱茶の読み方

プーアル茶には様々な読み方があります

  • プーアル茶
  • プーアール茶
  • プアール茶

これらは一般的な中国語読み(北京語)を日本語にあてはめ方の問題です 実際の発音は”’ěrchá”なります。

  • ポーレイ茶
  • ポーリ―茶

これらの読みは普洱茶を(広東語)で呼んだ場合です。

  • フジ茶

これは”普洱茶”を強引に(日本語)読みに合わせた場合の呼び方ですね

時々 お客様から フジ茶はないの?とかポーレイ茶?とかいまだに聞かれることもありますね。

もともと普洱茶は1980年代に香港から日本に紹介されました。

その当時はポーレイ・ポーリ―とかの広東語で紹介されたのですが、その音が漢字の「普洱茶」とあまりに違うために 無理やり日本語にあてはめ「フジ茶」と呼ばれていました。

しかし 中国との直接の貿易が始まると北京語読みの「プーアル」と呼ばれるように変化したものと思われます。

普洱茶の類義語

これらのほかに普洱茶を表す言葉に

  • 黒茶:Hei cha :二次発酵させたお茶の総称 六大茶分類からの引用
  • 餅茶:Bing cha:古式仕上げのお茶形状 お餅に似ていることから 320g前後 半斤
  • 沱茶:Tuo cha :一回サイズに固めたお茶の呼称 3g程度
  • 緊茶:Jin cha :固めて仕上げたお茶の呼称 
  • 方茶:Fang cha:四角くレンガのように固めたお茶の呼称

等 製法や形状で表すこともございます。

翻訳ソフトでの注意

一般的な翻訳ソフトで 普洱茶は 普洱茶=Pu’er tea=プーアルティ

と翻訳されますが、黒茶は 黒茶=Black tea=紅茶

あれ?黒茶が紅茶に変わっています。

これは一般的な翻訳ソフトが中国語→英語→日本語の流れで変換されるためで 黒茶=Black teaと翻訳されるのが原因ですね。

結局 普洱茶とは?

最近プーアル茶を漢字で普洱茶と書いているのは実は中国語なんです

日本に紹介された時期の違いで プーアル茶・プーアール茶・プーアル茶(北京語)・ポーレイ茶・ポーリィ茶(広東語)・フジ茶(日本語)など様々な呼び方がございます。

プーアル茶には。様々な形状があるために形状による呼び方も

製法における六大茶分類で黒茶と呼ばれる場合も

これからはすべてが普洱茶=プーアル茶です。

日本語表記にない”洱”はありそうでないために さらには時代により広東語と北京語読みの混乱など色々ありましたが、今では広く”普洱茶=プーアルチャ”として認識されています。

普洱茶・プーアル茶16年発酵お試しはコチラから

慶光茶荘のプーアル茶 コミコミ1000円
慶光茶荘のプーアル茶 コミコミ1000円
慶光茶荘のプーアル茶 コミコミ2倍
慶光茶荘のプーアル茶 コミコミ2ヵ月分
プーアル茶お徳用ティバッグバナー
慶光茶荘のご家族用120L分

通販で買えるオススメのプーアル茶