木柵鉄観音の紹介

木柵鉄観音の紹介

木柵鉄観音の茶畑台湾四大銘茶の一つ 木柵鉄観音 台湾四大銘茶でもある木柵鉄観音は中国福建省からわたってきました、当初はしっかりした発酵の茶葉だったのですが、少し前には茶葉のそのまま味わうべくあっさりした発酵に変わっていったのですが 最近では正統とか言ってしっかりした発酵の仕上げにもどりつつあります。

木柵鉄観音伝説“張”

台湾四大銘茶である木柵観音茶は1896年に張さんが中国福建省安渓から台湾に持ち帰り木柵地区で12株の茶樹を移植に成功し、さらに追加で1000株と鉄観音の製茶技術を確立しました。 木柵鉄観音の名前は木柵=地名 鉄観音=品種 から 木柵は台北市内で地図で言うとこのあたり ※地図はグーグルマップ参照 台北マップ

今の木柵はというと

しかし現在の木柵はというとこの通り 近代化されて茶畑は全く見えません。また木柵周辺は山がなく、本当に木柵鉄観音の茶畑があったのかと? MRT木柵駅 現在での木柵には茶畑とかありません、台北市周辺や台北県などで生産されています。一部台中などでも生産されているのですが微妙に品種が違ったりで正直微妙です。 また台北周辺は茶畑が小規模で生産量も少ないので、価格も高騰中 台北の茶畑で作業する人

正欉 木柵鉄観音

木柵鉄観音 茶葉 台北周辺で鉄観音品種から作られる木柵鉄観音ですが、最近では正欉(せいそう)とか枕詞がつくことがあります。 正欉=鉄観音品種を使い古式仕上げの鉄観音の意味です。

濃香仕上げ

木柵鉄観音 茶 台湾茶及び中国茶も特に烏龍茶品種は仕上げ方が昔て変わってきており、軽発酵=清香(チンシャン)仕上げが増える中 木柵鉄観音はあえて古いままのスモーキーな感じを残した。重発酵=濃香(ノンシャン)仕上げが特徴で 特に”正欉”とは品種と仕上げにこだわった、鉄観音です。 しかし”正欉”仕上げは、一度は失った仕上げ方で 現在では様々な茶農家が創意工夫しながら過去の製法を探しています。 申込ボタン

木柵鉄観音 30g 1880

まとめ 木柵鉄観音の紹介

私見ですが 私はこの 木柵鉄観音で台湾茶にはまりました。 特に冬に合う 現在中国安渓で作られる鉄観音も清香仕上げで美味しいのですが、この木柵鉄観音を飲むことで濃香の素晴らしさを感じます。

監修者 荘 慶裕(そう・よしひろ)

台湾と日本の両方にルーツを持ち 中国国内に三カ所しかない茶学部・国立福建農林大学茶学部に短期留学 ホテル、中華料理店、カフェなどでの中国茶カウンセリングや中国茶講座などで活動中