鉄羅漢の紹介 岩茶

鉄羅漢の紹介 岩茶

四大岩茶の一つ 鉄羅漢 鉄羅漢は武夷山四大岩茶の一つ 味は飲みやすく名前のイメージほどのクセはありません。ここでは鉄羅漢の事を少し書いていきます。

鉄羅漢とは?

慧苑岩 武夷山四大岩茶の一つ 岩茶鉄羅漢は福建省武夷山の「慧苑岩」(すいえんがん)で育つ茶葉で 朱子学の創始者、朱熹(しゅき・宋代 南宋)の書物にも登場することから武夷山の茶葉の中でも最も古くからあった岩茶と言われています。

鉄羅漢の名前の由来

鉄羅漢 茶葉 名前の由来は鉄人の修行僧の意味 これは鉄羅漢が薬として飲まれていたことから 鉄羅漢を飲むと体が強くなり難病を治すと言われていたことから。

鉄羅漢の味は?

鉄羅漢 茶湯 味はスッキリで香ばしい香りが特徴 後から来る岩茶らしい岩韻が特徴です。 申込ボタン

鉄羅漢 30g 1520

まとめ 鉄羅漢の紹介 岩茶

四大岩茶の一つ鉄羅漢 名前が仰々しいのでちょっと遠慮してしまうかもせれませんが、上を読んだらわかるように鉄人修行僧のイメージから 確かに茶葉は力強いですが、味は繊細で飲みやすい岩茶です。

監修者 荘 慶裕(そう・よしひろ)

台湾と日本の両方にルーツを持ち 中国国内に三カ所しかない茶学部・国立福建農林大学茶学部に短期留学 ホテル、中華料理店、カフェなどでの中国茶カウンセリングや中国茶講座などで活動中