中国茶コラム

中国茶コラム 中国茶コラム

台湾茶や中国茶に関する様々な疑問・難問 Blog とはちょっと違った記事を書いていきます。

中国茶の淹れ方

烏龍茶には何度のお湯を使うのか?

お店で台湾茶・中国茶を初めて購入されるお客様から聞かれるのが何度のお湯で入れるのですか?まあ初めて台湾茶・中国茶をご購入される場合 皆様は烏龍茶をご購入されるのではないでしょうか?そこでココでは烏龍茶について語ります。一般的に熱湯で淹れた場合、発酵の進んだ紅茶は苦みが出にくく、緑茶などの軽発酵のお茶は苦みが出やすいのです。※日本茶も同じ理由で玉露や煎茶等の緑茶は温度下げます。
中国茶の知識

安渓四大銘茶

烏龍茶の本場福建省 その福建省には北部・武夷山を中心とした岩茶系と南部・安渓を中心とした鉄観音系が有名です。それぞれに代表する茶葉があり台湾四大銘茶・武夷山四大岩茶・安渓四大銘茶と呼ばれています。福建省安渓は中国最大の烏龍茶の生産地域であり鉄観音の里として有名です。
中国茶の知識

中国茶を探す

中国茶を探す場合ご自身でネットで探すもの良いでしょうが、慶光茶荘に中国茶を探しに来る方もいらっしゃいます。商品名だけ来られる方もいれば、茶葉だけを持ってくる人も 経験上少しでもお茶が残っていればそれを確認して同じ茶葉か似た茶葉を紹介できますが、すこし探しずらい例を交えて書いていきます。
中国茶の知識

四大岩茶

岩茶は烏龍茶の流れを組む一種で福建省世界遺産の武夷山で収穫される天然茶木である。岩茶は原木株を一次世代そこから株分けされたものを二次世代と続いていく また比較的新しく品種改良されたものを半岩茶と呼ぶこともあります。
中国茶の淹れ方

シンプルに中国茶を入れる

2018年12月18日(火)に放送された、TBSテレビ『マツコの知らない世界』で風吹ジュンさんが紹介する中国茶の世界が紹介されていました。そこで気になったシンプルな淹れ方をやっていたので自分でやってみました
中国茶の知識

台湾四大銘茶

1645年オランダ支配時代に原住民が、お茶の野生樹を見つけ飲用した習慣があったとか しかし台湾原住民は文字を持たないため文化伝承されず詳細は不明です。1796年に福建省の武夷山から外貨獲得のために茶の製茶技術が伝わったと言われています。台湾四大銘茶として“凍頂烏龍”“文山包種”“木柵鉄観音”“東方美人”などが
中国茶の淹れ方

YouTube_動画集

慶光茶荘のYouTube_動画集 淹れ方や飲み方等を動画でご紹介 中国茶の古典的淹れ方 プーアル茶のご家庭での淹れ方 プーアル茶で油を落とす 田七人参の飲み方
中国茶の知識

日本茶と中国茶の違い

日本茶・中国茶・台湾茶・紅茶も基本の樹は同じ おチャノキから出来ています。 しかし前述の通り品種に違いがあり。また違う品種を同じように仕上げ加工をしても  その次に気になるのがハーブティや麦茶・ルイボス・八宝茶など ”茶” ”ティ”など名前はお茶なのですが、原料が違うもの、これらは名前だけで学術的にはお茶に分類されません。
中国茶の知識

中国茶六大茶分類

中国でお茶の飲用が始まったのは、紀元前 中国は広く、気候も風土も違う大陸ですから、お茶も千産地によって加工の方法が異なっていました。その種類は数千種類とも言われます。1980年代に安徽省の大学からの提唱で茶葉を使ったお茶を製法や発酵で六種類に整理されました。
中国茶コラム

卸のお客様

中国茶の品質と価格のベストなマッチングをご提案 極上の小ロット茶からお手頃な一般等級の茶葉まで常時約200 種類を取り揃え、その品質における適正価格ででの茶葉をご提案いたします。・シーズンのお茶・ブレンドティー・オリジナルティーなど